日刊大衆TOP 芸能

佐々木主浩「清原に真正面から苦言も」2人の知られざる関係性

[週刊大衆2016年06月06日号]

佐々木主浩「清原に真正面から苦言も」2人の知られざる関係性

 捨てる神あれば拾う神あり。“戦友”イチローも金本も見放した番長を救えるのは、ハマの大魔神しかいない!!

 かつては“番長VS大魔神”として球界屈指の名勝負を繰り広げてきたライバルの2人が、今度は“同じチーム”で戦っていくのかもしれない。

 5月17日、東京地裁で開かれた清原和博被告の初公判。清原被告が全面的に起訴内容を認めた裁判で、弁護側の情状証人として出廷したのは、“ハマの大魔神”こと佐々木主浩氏。「清原に薬物疑惑が報じられるや、イチローや金本知憲など深い親交のあった野球人たちは、次々と彼から離れていきました。しかし、大魔神だけは、清原を見放すことなく交際を続けてきた。最後まで面倒を見るのは、彼しかいません」(スポーツ紙記者) 清原和博と佐々木主浩。2人の“カズヒロ”を結ぶものとは?

「48歳で同じ年の同期生。彼らのつきあいは、もう30年以上のものです」と言うのは、ベテランの野球記者。「高校時代、PL学園出身の清原は、桑田真澄とともに“甲子園のヒーロー”。一方の佐々木も、東北高校から甲子園に出場していたが、知名度では清原がずっと上。でも、高校3年の夏、国体に出場した佐々木が“あ、PLの清原だ”とファンのように声をかけ、一緒に写真を撮ったのがキッカケで親友になったそうです」

 どちらが有名かなど関係ない。PL学園時代の清原の後輩で野球評論家の橋本清氏(元巨人)が、こう言う。「2人とも豪快で、後輩の面倒見がよく、それでいて優しいんです。似た者同士だから、ウマが合ったんだと思います」

 だが、運命は数奇である。清原は高校卒業後、華やかなプロの道へ。一方の佐々木は、東北福祉大学へ進学。厚い友情を誓った2人の青年は疎遠に……と思いきや、「清原氏が西武ライオンズで仙台に試合で行くと、佐々木は必ず観戦していました。試合後、よく一緒に食事する仲でしたね」(東北福祉大学関係者)

 メールも携帯もない時代、心通わせた同士の絆は、たやすく引き裂かれはしない。その後、佐々木が横浜へ入団すると、男たちの関係はより強固に。前出の橋本氏が、当時の逸話を打ち明ける。

次ページ >> 佐々木主浩「清原に真正面から苦言も」2人の知られざる関係性

佐々木主浩「清原に真正面から苦言も」2人の知られざる関係性

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.