日刊大衆TOP 芸能

道端ジェシカも! 一度別れて「復縁婚」した芸能人たち

道端ジェシカも! 一度別れて「復縁婚」した芸能人たち

 一度別れた相手とよりを戻し、そのままゴールインする「復縁婚」が巷で増えている。芸能界も例外ではないが、多忙な芸能人がどのようにして復縁を果たしたのか気になるところだ。個別のエピソードをもとに、そのいきさつを見てみよう。

 F1ドライバーのジェンソン・バトン(36)を夫に持つ道端ジェシカ(31)も、復縁婚をした一人だ。2006年のモナコグランプリで運命的な出会いをした二人は、その2年後に交際をスタート。道端はバトンが出場するレースに駆けつけ声援を送るなど、そのアツアツぶりが話題となった。しかし、2010年に突然破局を迎える。バトンがレーサーとして世界各国を飛び回っているため、会うこともままならず、お互いの気持ちが離れていったからだ。そんな二人の仲を再び結び付けたのは、「お前が付き合ってきた女性の中で、ジェシカが最もふさわしい相手だった」というバトンの父の言葉だった。その言葉に心を揺さぶられたバトンはジェシカとの復縁を決意。2014年にハワイのマウイ島で結婚式を挙げ、二人は7年越しの思いを遂げた。だが、幸せは長く続かず、わずか1年で夫婦生活は破綻。現在は離婚に向けて協議中だという。結婚前に亡くなったというバトンの父は、いま天国でどんな思いでいるのだろうか。

 復縁婚といえば、個性派俳優としておなじみの吹越満(51)も忘れてはならない。1994年に女優の広田レオナ(53)と結婚した吹越は、二人の間に長女をもうけた。しかし、広田の連れ子だった長男と吹越の折り合いが悪く、2005年に離婚。別れを切り出したのは、広田の方だったという。彼女はやり直すつもりが全くなかったようで、離婚当時の会見では「吹越が復縁を望んでいるが、そのつもりはない」と語っている。一方の吹越は広田への思いが断ち切れず、復縁のためになんと一軒家を建ててしまったというから気が早い。そうした思いが広田に伝わったのだろうか、二人は2012年に再婚を果たしている。

 また、お笑い芸人の東野幸治(48)も復縁婚をしたことで知られている。東野がファンの女性と結婚したのは、無名時代の1991年。妻との間に二人の娘をもうけるが、2001年に価値観の違いから離婚してしまう。東野の場合も別れを切り出したのは妻の方だった。しかし、2004年、彼を見捨てたはずの元妻と娘たちが東野のもとへ戻ってくる。やはり、「子はかすがい」というが、娘たちの存在が二人の関係を修復に導いたのだろう。そこから同居生活がスタートし、2011に10年越しの再婚を果たしている。

 最後に紹介するのが、テレビ番組で結婚を公表したロンドンブーツ1号2号の田村淳(42)。7年前に現在の妻となるモデルの香那(32)と交際していたが、「何でも受け入れてくれる彼女といたら、芸人としてダメになる」という理由で、田村の方から別れを切り出したという。それから複数の女性と交際、破局を繰り返した田村の脳裏に浮かんだのは、誰よりも親身に自分の事を考えてくれた香那のことだった。別れてから5年も経っていたが、猛烈なアプローチでよりを戻し、2013年に結婚。「書は心が現れる」と信じ、彼女の名前を半紙200枚に書き上げ、プレゼントしたことが、復縁を果たす決め手になったという。田村の意外な一面に驚かされる。

 以上のことを見てみると、一度別れを経験しているからこそ、同じ過ちを繰り返さないようにお互いを思いやり、成功しているケースが目立つ。復縁を望んでいる人は希望を捨てずにアプローチしてみてはいかがだろうか。

道端ジェシカも! 一度別れて「復縁婚」した芸能人たち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.