日刊大衆TOP 芸能

マツコ「男でも女でもどうでもいい」自らの心境を吐露

 5月21日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)で、マツコ・デラックス(43)が現役看護師に同情し、励ます場面が見られた。

 この日は看護師の独身女子寮にカメラが潜入し、マツコが直接、看護師たちへ恋愛に関する質問をぶつけた。まずマツコは彼氏のいるいないを質問したのだが、出演した3人の看護師は全員ナシ。さらにそのうちの1人、26歳の看護師が彼氏いない歴=年齢と答えたところ、マツコは「立派!」と絶賛し、モニター越しに拍手をしていた。

 しかしマツコは手放しで褒めようとはせず、そのあとに「ただよ! じゃあ、その状態を10年20年続けていいのかって」と注意した。そして職場内での恋愛についてその看護師が「みんなどうしているんだろうね?」と発言したところ、「あのね、26でその境地は結構ヤバいわよ」と忠告をした。

 マツコは自分の例をあげ、「あたし今ね、16年付き合ってる人いないのよ。16年もそんな感じだとね、自分がオカマなんだか男なんだか女なんだか、もうどうでもよくなってくんのよ」と発言。恋愛から離れることで、さらに恋愛がしにくくなると説明し、看護師に「だから26でそれはダメよ! まだ夢や希望を捨てちゃダメ!」と、奮起を促していた。

「恋愛についてはあまり語らないマツコですが、26年彼氏なしと聞いて、他人事と思えなかったんでしょう。珍しく諭すように語っていましたね。新しい恋人に関しては……残念ながら噂も聞いたことがありません」(芸能誌記者)――多忙なマツコは、仕事が恋人なのかもしれない。

マツコ「男でも女でもどうでもいい」自らの心境を吐露

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.