日刊大衆TOP 女性向け

知らなきゃ損する「付加年金」、小額で年金を上乗せできる!?

[ブリュレ]

知らなきゃ損する「付加年金」、小額で年金を上乗せできる!?

 あなたが加入しているのは、厚生年金ですか。国民年金ですか。もしも国民年金だったなら「付加年金」に入らない手はありません!

 付加年金というのは、国民年金に加入している人が使える年金制度のひとつです。定額保険料に月額400円の付加保険料を上乗せして納めることで、需給する年金額を増やせる制度です。

 加入できるのは65歳まで、また国民年金基金に加入していないことも条件になります。ちなみに、現在、国民年金基金はかなり利率が悪くなっていて、将来的にも少額の還付しかなされないと言われています。もしもこれからどちらかに入るのであれば、付加年金をオススメします!

 それではどれだけ年金額が増えるのでしょうか。付加年金をプラスした場合、一ヶ月の年金保険料は、国民年金の定額保険料16260円(平成28年度)+400円となります。こうして付加保険料を納めれば、200円×支払った月数分のお金が、年金の年間支給額に付加されます。

 目を見張るほど高い金額ではありませんが、月々400円の追加料金だけで、上記の金額がプラスされるので、国民年金だけを支払うより、かな~りお得になるのです。

 国民年金の支給額は現在、年間で78万円ほどです。付加年金を40年間(20歳~60歳)払っていれば、これに1年あたり96000円が支給額に上乗せされる計算になります。40代から20年間支払ったとしても、年間に約5万円が増額されます。老後の年間5万、10万というのは、とてつもなく大きいはずです。

 ちなみにこの付加年金は定額制度なため、物価のスライドによる増額・減額がないのも大きなポイントです。年金を2年以上受給できれば十分に元が取れる(支払った金額以上のお金がもらえる)ので、始めない理由はどこにもありません!

 付加年金は、住んでいる市区町村の役所や役場で申し込むことができます。年金窓口で「付加年金に入りたいんですが」と尋ねれば、本当に簡単な手続きで始めることができます。支払いは申し込んだ月の分からになり、通常の年金と合わせて請求されるので払い忘れることもありません。

 付加年金は、国が作ってくれているありがた~い制度です。月400円の保険料なら、コンビニでの無駄遣いを1回ガマンすれば済むだけのこと。賢く利用して、老後に備えておきましょう!

わぐりめぐみ
東京生まれ。作家・編集ライター・シナリオライター。るるぶ等旅行雑誌から職歴をスタート。ティーン、ストリート、サブカル、ライフスタイル誌等で幅広く活躍。著書に『そして、ありがとう… 犬と私の12の涙』(日本文芸社)、『B型妻VSA型夫 毎日がグチLove』(笠倉出版社)、共著に『ミニチュアダックスフントの洋服屋さん』(実業乃日本社)等がある。

知らなきゃ損する「付加年金」、小額で年金を上乗せできる!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.