日刊大衆TOP 娯楽

モーリス敗退理由とは【井崎脩五郎 競馬新理論】

[週刊大衆2016年06月13日号]

 モーリスがもし負けるとしたら、どういう理由がありうるだろう。それを考えてみた。

 モーリスは前走、プラス11キロという体重で香港のGIを勝っているが、「太目の体で走ると、その次走で反動が出る」という競馬格言があるから、それが敗因になる可能性はありうる。ただし、2010年の安田記念で、前走の体重が12キロ増だったスーパーホーネットが、2着に突っ込んできた例があるので、致命的なマイナス材料ではない。

 モーリスは目下四つのGIレースを勝っているが、うち三つは、2か月以上の休養をとって臨んだもの。休養をとらずに出走してGIを勝ったのは、昨年12月の香港マイルのみ。ただし、当時は斤量57キロだった。

 今回は、休養をとっていないうえに斤量が前走比1キロ増の58キロなので、そこに伏兵がつけ入る隙があるのではないかという見方がある。そうなると、前走で、今回と同じ58キロを背負っているロゴタイプは要注意かもしれない。

 4月3日のダービー卿CT(2着)以来の実戦だが、こんなふうに、2か月以上の休み明けでマイル戦に出走したことが、過去に一度だけある。2歳時の500万下・ベゴニア賞。なんとレコード勝ちだったのだ。軽視は禁物かもしれない。

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

モーリス敗退理由とは【井崎脩五郎 競馬新理論】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.