日刊大衆TOP 芸能

濱田岳に三代目JSBのNAOTO、背の低さを感じさせないタレントたち

濱田岳に三代目JSBのNAOTO、背の低さを感じさせないタレントたち

 今年4月、『パープルレイン』などで知られるアメリカの世界的ミュージシャンのプリンスが57歳という若さで亡くなり、その死を悼んで、オバマ大統領をはじめ世界各国の著名人たちが次々と哀悼のコメントをあげた。

 プリンスと言えば、音楽シーンに残した偉大な業績に相反して、体格的には小柄な人物だったことで知られている。一説には157cm。それでも際立った存在感をもたらしていたのは、彼の音楽的才能と時代を先取りしたビジュアルセンスだったのは言うまでもない。芸能界にはわれわれ視聴者がテレビの画面を通して抱いた印象よりも、実際はだいぶ小柄だという人物が多い。意外にも、イケメンといわれている芸能人たちにも、小柄な人物がけっこういるのだ。

 EXILEグループというと、揃って大柄でマッチョというイメージだが、三代目J Soul BrothersのNAOTO(32)は170cmとやや小柄。同メンバーの小林直己(31)は187cmもあり、約20cmの身長差だ。170cmといえば、一般的にはとりたてて低いというわけではないが、周囲が大きいため、小さく見えてしまうというのが気の毒だ。

 180cm前後が多いイケメン俳優の中でも160cm台の俳優がいる。山田孝之(32)は以前、綾瀬はるか(31)と並んで撮った写真から、169cmと推定されている。もともと美少年俳優として売り出した山田だが、最近では個性派路線をばく進中で、その分野では同年代のなかでも抜きん出て成功している。実は背が高い俳優というのは他の出演者とのバランス上、画面への収まりが悪く、演じる役柄が固定されがちになる。そのため長身の俳優は伸び悩むことが多いのだが、山田の場合はまさに小柄なことが幸いしていると言えるだろう。また、2015年に「CM好感度ランキング」2位になり、映画やドラマで活躍している濱田岳(27)は160cmだ。2011年にモデルの小泉深雪(37)と結婚したが、当時は年齢差9歳、身長差19cmの凸凹婚と報じられた。

 低身長イケメンの宝庫といえば、なんと言ってもジャニーズだ。160cm台後半には169.9cmの錦戸亮(31)を筆頭に、中居正広(43)、岡田准一(35)、堂本光一・剛(37)、二宮和也(32)、滝沢秀明(34)、手越祐也(28)、渋谷すばる(34)がいると言われている。また森田剛(37)、三宅健(36)は、160cm代前半だとも言われている。中でも小柄メンバー揃いなのがHey! Say! JUMPだ。山田涼介(23)が165cm、有岡大貴(25)が164cm。そして知念侑李(22)が159cmと、ファンの間で言われている。同JUMPメンバーの薮宏太(26)、中島裕翔(22)は178cmと言われているが、コアなJUMPファンは、コンサートや番組で知念・山田・有岡が薮・中島を見上げて話す場面に「身長差萌え」するのだとか。

 芸能人に大切なのはなによりも存在感。身長の低さなど撮影時の演出でどうにでもなるわけで、実物がどうかよりも、どう映っているかのほうが大事なのだ。今後の小柄イケメンの活躍に期待!

濱田岳に三代目JSBのNAOTO、背の低さを感じさせないタレントたち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.