日刊大衆TOP 芸能

柳ゆり菜「理想のタイプは視力が悪い人です(笑)」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆2016年06月13日号]

柳ゆり菜「理想のタイプは視力が悪い人です(笑)」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

 グラビアだけでなく、女優やタレントとしても活躍中の柳ゆり菜さん(22)。豪華キャストが名を連ねる、話題の映画『高台家の人々』(6月4日公開)に出演中の彼女に、憧れの女優との初対面時のウラ話や、一風変わった(!?)理想のタイプなどなど、たっぷり語っていただいた!

――いや~、笑顔がステキですね。

柳:ありがとうございます!

――柳さんが出演する映画『高台家の人々』が、いよいよ公開ですね。

柳:とにかく笑えて、観た後は、ほっこりした気持ちになるステキな作品です。ぜひ、たくさんの方に観ていただきたいです。

――主演の綾瀬はるかさんや斎藤工さんなど、豪華キャスト陣も話題です。

柳:実は、お芝居をやりたいと思ったのは、綾瀬さんがきっかけなんです。綾瀬さん主演の『世界の中心で、愛をさけぶ』が大好きで、ずっと憧れていました。

――憧れの人と共演した感想は?

柳:初めてご挨拶をしたときは、緊張のあまり震えてしまいました。オーラがまぶしすぎて、お顔を直視できなかったです……。

――自分の気持ちは伝えられましたか?

柳:いえ。畏れ多くて。でも、撮影現場では、美しすぎる綾瀬さんを間近で見ることができて幸せでした!

――ストーリーは、綾瀬さん演じる妄想癖のある地味なOLと、斎藤さんが演じる名家のイケメンが繰り広げるラブコメディだとか。

柳:斎藤さんは、人の心を読む能力がある役。だから、綾瀬さんの頭の中のいろんな妄想がすべて伝わってしまうんですけど、その妄想がどれもチャーミングなんです。ぜひ、綾瀬さんのかわいさをスクリーンで味わってください!

――綾瀬さんにも注目ですが、柳さんが演じた役も教えていただけますか?

柳:私が演じたのは、斎藤さんの上司の娘で、お金持ちのお嬢様。なんでも手に入ると思っている女の子で、男性にもモテるので、斎藤さんのことも口説き落とせると思っていたら、心を読まれてしまって……。

――裏表のある女の子なんですね。

柳:女の子って、こういう二面性があるなぁ、と思いながら演じました。ただ、人は誰でも、口で言っていることと、頭の中で思っていることが違うときがあると思うんです。特に女の子は、顔には出さなくても、ブラックなことを考えていたりするので。

――柳さんは、隠しごとができないタイプ?

柳:わりとそうですね。本音でしゃべるので。ただ、恋愛に関しては、分かりにくいかもしれない。

――ストレートに好意を伝えないんですか?

柳:心の中ではときめいていても、つい平静を装ってしまうんです。わざとそっけない態度を取ってしまったりして。だから、なかなか好意に気づいてもらえなくて。素直じゃないんですよね。ウフフ。

――乙女心は複雑ですね。ちなみに、理想の男性のタイプは?

柳:私が素直じゃない分、相手はまっすぐな人がいいです。感情表現が分かりやすくて、嘘をつけない男性にひかれます。あとは、視力が悪い人。

――どういう意味ですか?

柳:写真でもソフトフォーカスで撮影すると、やわらかい雰囲気になって、かわいく見えるじゃないですか。だから、メガネを外して、視界がぼんやりした状態で、私を見てほしいんです。もしメガネをかけている人とおつきあいすることになったら、こっそりメガネを隠します(笑)。

次ページ >> 柳ゆり菜「理想のタイプは視力が悪い人です(笑)」ズバリ本音で美女トーク

柳ゆり菜「理想のタイプは視力が悪い人です(笑)」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.