日刊大衆TOP 芸能

田中みな実に「何、良い子ぶってんの!?」華原朋美が逆ギレ

田中みな実に「何、良い子ぶってんの!?」華原朋美が逆ギレ

 5月27日放送の『幸せ追求バラエティ 金曜日の聞きたい女たち』(フジテレビ系)に、歌手の華原朋美(41)が出演。過去の恋愛エピソードを巡って、スタジオで意見が交わされた。

 この日、番組は「イケてる男に聞きたい! 私が失恋した理由」というテーマで進行。そのなかで華原は30代の頃に同棲していた彼氏に尽くし過ぎ、靴下やパンツまで履かせてあげたり、毎月の「付き合ってから何ヶ月目」を祝う記念日は必ず料理を作って部屋を飾りつけしていた、という行動がVTRで再現された。

 スタジオに集められた「イケてる男性」たちや共演者たちは華原の再現VTRを観て、ほぼ全員が顔をしかめていた。華原は「何でこんなリアクションなんですか!? 全然普通でしょ?」と声を荒らげて自分が正しいと主張したが、小島瑠璃子(22)が「マジでやべえヤツだったんですね」とコメントするなど、大不評。イケてる男性達に、華原が「実際やってもらったらスゴい嬉しいですよね?」と問いかけたが、一同は「いや、嬉しくない!」と首を横に振っていた。

 司会のおぎやはぎ矢作兼(44)は「今日を境に学習した方がいいよ」と勧めたが、華原は「やだ、私、やめたくない!」「好きだからやりたい!」と変わらず主張。矢作はたまらず元TBSの田中みな実アナ(29)に、「なんか良い方法ないの?」と問いかけた。田中が「私も結構、記念日は大事だと思ってるんですけど、自分が相手に『ありがとう』って言えるだけで良いかなって」と語りだすと、華原は「何それ?」「何、良い子ぶってんの!? そういうキャラじゃないよね?」と反論。

 しかしそんな華原に負けず「手紙で感謝を伝える」と語った田中に、ゲストの女性達から賛同する声が上がった。矢作が「相手に求めちゃいけないんだよ」と、スタジオ全体の意見をまとめると、華原は「求めてないよ、求めない、求めない、もうやめるから、わかった!」と降参していた。

「2012年に芸能活動を再開してからは、今のところ順調のようですね。過去の恋愛ネタを笑い話にできるようになったのが、その証とも言えるでしょう。雑誌のインタビューで“芸能活動休止中は薬物に依存し、錯乱状態だった”と本人が語っていますが、回復できたようですね」(芸能関係者)――スタジオでは「重い女」扱いされてしまった華原朋美。何かに過度に依存してしまう体質のようだが、依存する相手が恋人ならば、とりあえず大丈夫?

田中みな実に「何、良い子ぶってんの!?」華原朋美が逆ギレ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.