日刊大衆TOP 芸能

難攻不落のEカップフジ加藤綾子アナ完全攻略マニュアル vol.01

[週刊大衆01月27日号]

年末年始、レギュラーを含め、なんと40本もの番組に出ずっ張りだったという、フジテレビの【カトパン】こと加藤綾子アナ(28)。

「明るい笑顔と確かな仕事ぶり。しかもEカップ乳の魅惑のボディまで兼ね備えているのだから、今年も、彼女の天下は続くでしょうね」(テレビ誌記者)と言われるカトパンは当然、プライベートもモテモテ。

昨年は、熱愛話がいくつか報じられた。
「夏には、将来の首相候補の呼び声も高い自民党の小泉進次郎議員との噂が浮上し、そのすぐあとには、過去に盗塁王のタイトルを4度獲得しているプロ野球界のスピードスター・片岡治大選手との熱愛報道が飛び出しました」(夕刊紙記者)

それ以前には、総資産50億円ともいわれる大御所・志村けんや、お笑い界のドン・明石家さんま、とんねるずの石橋貴明からのラブコールを受け、「昨年のレコード大賞歌手であるEXILEいちのイケメンと名高いTAKAHIROとの関係も取り沙汰されました」(前同)

だが、カトパンが、この中の誰かのモノになってしまったという話は、いまのところ聞こえてこない。

芸能リポーターは話す。
「進次郎も片岡もカトパンにベタ惚れで、猛アプローチをかけて接触を持つところまではこぎつけた。ですが、いずれも彼女のハートを揺さぶることはできず、それ以上、関係が進展することはなかったようです」

大金持ちでもイケメンでも、盗塁王でも崩すことのできなかった、難攻不落のEカップ、カトパン城。
いったい、どうすれば、その心と体の扉を開かせることができるのか――。

2万人超の鑑定実績を持つ、占い師の小野十傳(とでん)氏は、加藤アナの人相、体相から、「彼女はチャラチャラした若い男には興味がないはずです」と、彼女の好みのタイプをこう読み解く。
「彼女のような首の長いタイプは、膣も深く、快感ポイントもさまざま。若い男の身勝手なセックスでは、本当の満足を与えられない。口説き落すには、"オレは普通では考えつかないところから、じっくりと攻めていけるぞ"という、男としての余裕を彼女に感じさせることが必要でしょう」

小野氏の分析で確実にわかったことがある。
カトパンを落せる男の絶対条件は、オヤジだということだ。

01月21日公開のvol.02へ続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.