日刊大衆TOP 芸能

全日本プロレス、宮原健斗の防衛ロードが止まらない![白川未奈コラム]

全日本プロレス、宮原健斗の防衛ロードが止まらない![白川未奈コラム]

 あなたのハートにパワーボム! 白川未奈です。4月9日、4年ぶりの全日本プロレス観戦に行って、大興奮で帰ってきた私。「2016 チャンピオン・カーニバル」の予想は外したものの、その先の動きがとっても気になっていたんです。なんてったって、私のなかの「僧帽筋ランキング1位!」の関本大介選手が、チャンピオン・カーニバルで優勝したのですから……! その関本選手と、三冠ヘビー級チャンピオンの宮原健斗選手のタイトルマッチが組まれた5月25日の後楽園ホール大会。

002
当日券で滑りこんじゃいましたよ~!

 当日券は前売りより少々お高いので、なかなか普段は高い席は買わないんです。しかし……この日は奮発! 関本選手が観たくて色んな団体の興行に行く私ですが、今回は「関本大介vs宮原健斗」が観たかったんです! このカードが観たかったんです! いつもの期待度の2倍です。そりゃ、特別席買いますよ! そんな私と同じ気持ちのお客さんが多かったのか、この日の後楽園ホールは、平日にも関わらず満員のお客さんでした。

003
マッスルモンスターの異名をもつ関本選手の背中、すごく大っきいです……。

 関本選手のこのガウンいいですよね~! この大きい背中に「夢一歩」の文字。彼が所属する大日本プロレス、そして大日本プロレスファンの期待をずっしり背負ってくれてます。この日の会場にも、大日本プロレスファンの方が沢山いました。「関本ー! みせてくれよー!」そんな声が沢山聞こえました。

 そしていよいよ宮原健斗選手が入場、一気に空気が張り詰めます! 宮原選手のヤル気と、それを見守る全日本プロレスファンの熱い想いで、後楽園ホールが溶けそうでした! なにやら、すごいタイトルマッチを見に来ちゃったという期待感で、私の心もドキドキ。やはり、他団体所属選手のタイトルマッチって、特別な雰囲気があります。

 35歳の関本選手と27歳の宮原選手。2人の間には、9年ものキャリアの差があります。ですが、宮原選手の落ち着きはさすが三冠チャンピオン。規格外な大きさの関本選手に腕攻めを仕掛けます! しかし、迎える関本選手もさすが。かなりエグい角度で締めあげていましたが、エスケープした関本選手の顔は、ぜんっぜん疲れてないんですよね! いたってふつ~の顔をしてました。恐るべしマッスルモンスター! そうこうしているうちに、場外でのバチバチバトル。目の前に、大きな関本選手が降ってきた~~~~!

004
ドスンっ。関本選手を軽々投げられる、宮原選手のパワーってすごくない!? と、大興奮です!

 その後も、場外に関本選手がトペしたり……、この日の二人は、まるで「1秒でも倒れたら負け」というルールでもあるかのように、ジャーマン合戦、エルボー合戦、首絞め、腕攻めのオンパレード。

 関本選手が、日本一のパワーレスラーだとしたら、宮原選手は日本一打たれ強いレスラーかもしれない。それでいて、120kg以上もある関本選手を持ち上げちゃうんだから、パワーだって負けてないかもしれない。すごー! と、もう言葉にならなくなってる所で、ブラックアウトで攻めたてた宮原選手が、シャットダウン式ジャーマン・スープレックスで、見事に外敵をベルトからシャットダウン! きれ~いに決まって、最高のフィニッシュでした!

005
ファンとしては、関本選手が負けて悔しいんです……。でもこの日は、二人にありがとうと言いたい。「凄まじい試合」とは、まさにこういう事だなぁと感動しきりでした。

 試合後、KAIENTAI DOJOのエース、真霜拳號選手がリングに現れ、三冠ベルトに挑戦表明! この二人が、4月9日の「2016 チャンピオン・カーニバル」でみせてくれた、30分時間切れのこれまた凄まじい試合をこの目で見ていた私。「待ってました~!」の拍手が止まりません。絶対に前回以上の試合を見せてくれるはず! 宮原選手の防衛ロード、これからも見逃せません! それでは、御機嫌よう。プロレス、愛してま~~す!

全日本プロレス、宮原健斗の防衛ロードが止まらない![白川未奈コラム]

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.