日刊大衆TOP 芸能

近藤春菜「じゃあ食えよ」皆藤愛子アナの“バストの悩み”に一喝

近藤春菜「じゃあ食えよ」皆藤愛子アナの“バストの悩み”に一喝

 6月7日放送の『踊る踊る!さんま御殿!! 2時間SP』(日本テレビ系)にて、恒例の「モテ美女vs女芸人軍団」企画が行われた。

 今回、“モテ美女”として出演したのは、フリーの伊藤綾子アナウンサー(35)や皆藤愛子アナウンサー(32)といった“モテ美女”たち。一方、女芸人軍団側には、いとうあさこ(45)、ハリセンボンの近藤春菜(33)、光浦靖子(45)といった手だれたちが顔を揃えている。このブロックでは、なんと女性出演者全員が白のウェディングドレスを着て登場した。

 この対立構造の中、「私の周りのなんかムカつく女」というトークテーマで皆藤アナが自虐エピソードを披露した。曰く、皆藤アナはすごく頑張って自分で高価な腕時計を購入したそう。しかし後日、その腕時計を見た知人女性が「あっ、お揃~い!」と声をかけてくるも、その女性は型は同じだけど全面がダイヤで埋め尽くされた腕時計を着けていたというのだ。しかも、それは男性に買ってもらった物らしい。

 このトークを受け、司会の明石家さんま(60)は「お前、もっとズルくなれ。お前が本気出せば、なんぼでも(高級品が)身につくぞ!」とアドバイス。しかし、皆藤アナは首を振り「その子はすごいスタイルも良くて可愛いから!」と主張。すかさず、女芸人軍団のいとうが「アンタもだよ!」と毒づいた。

 しかし、皆藤アナの謙遜は止まらない。女芸人軍団の方を向き「うらやましいんです、その豊満な感じが! 衣装を着るのに、(胸が)足りなくて入れたんですよ……」と苦笑いを浮かべる。「入れた」というのは、もちろんパッドのこと。「“女性らしさ”って、そこ(胸)じゃないですか……」と小さいバストをアピールする皆藤アナであったが、すかさずハリセンボンの近藤が「食えよ、じゃあ! 豊満になれるよ、いくらでも」と低い声で毒づいた。

 たしかに、皆藤愛子が女芸人の容姿をうらやましがるという構図は無理がありすぎたかもしれない。(寺西ジャジューカ)

近藤春菜「じゃあ食えよ」皆藤愛子アナの“バストの悩み”に一喝

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.