日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】春の海外遠征が一区切り。秋も楽しみです

[週刊大衆2016年06月27日号]

 来年のダービーを目指して、早くも2歳新馬戦がスタートしました。幸先の良い一歩を踏み出したのは、新種牡馬ジョーカプチーノ産駒のマイネルバールマン(4日東京)、クロフネ産駒のレッドラシーマ(4日阪神)。トーセンファントム産駒のメモリーミネルバ(5日東京)、マンハッタンカフェ産駒のアンジュルマン(5日阪神)。残念ながら僕はまだ参戦していませんが、今年はどんなパートナーと巡り合えるのか……ディープインパクトを超えるディープの仔に会えるかもしれないし、ディープの仔を倒すライバルに出合えるかもしれない。そんなことにあれこれ思いを巡らせていると、ドキドキ、ワクワクしてきます。

 今年もそうでしたが、ここ数年、間違いなく日本馬のレベルは上がっています。世界を見据えたとき、それは誇らしいし、うれしいことですが、ひとりのジョッキーとして見た場合、ちょっとやそっとじゃダービーを勝てないという現実を突きつけられたようで、もう、苦笑いするしかありません。

――難しいのはダービーを勝つことではなく、ダービーを勝てる馬に巡り合うこと。その想いを強くしたのは1998年、スペシャルウィークで初めてダービーを制したときでした。関東に入るか、関西に入厩するかの確率は50%。関西に来ても僕に騎乗依頼が来る確率はさらに低く、これはもう運があるかどうかどうかです。縁と言ってもいいし、運命と言い換えてもいいでしょう。

 やるべきことをきちんとやっていれば、運命の糸は向こうからやって来る。それを信じて、毎日を、1レース、1レースを必死にやっていくしかありません。

次ページ >> 【武豊】春の海外遠征が一区切り。秋も楽しみです

【武豊】春の海外遠征が一区切り。秋も楽しみです

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.