日刊大衆TOP 芸能

藤森慎吾「バカタレント」ダレノガレの理想の恋愛を一刀両断

藤森慎吾「バカタレント」ダレノガレの理想の恋愛を一刀両断

 6月7日放送の『アリよりのアリ』(TBS系)にモデルでタレントのダレノガレ明美(25)が出演。自身の理想の結婚について語るも、くりぃむしちゅーの有田哲平(45)、オリエンタルラジオの藤森慎吾(33)、ギャル曽根(30)らに否定される場面が見られた。

 この日のテーマは「理想独女VS現実人妻 結婚の幸せってなんだ?SP」というもの。この中でダレノガレは一緒に牧場に行ってくれる人が理想の旦那とし、さらに牛の乳搾りが下手な人と付け加えた。ダレノガレはその理由として「乳搾りが上手だと、女の人の胸を触るのに慣れているはず。そういう人はイヤ」と発言。実際に彼氏を乳搾りに連れて行ったことがあるのだが、その人はお乳を一発で搾ってしまい、「あっ、手慣れてるな」と思ったという。このダレノガレの理想について藤森は「関係ねえよ!」と一発で否定。有田からも「男女の営みの時は、搾っているんじゃないから」と、否定されていた。

 またこのあとにもダレノガレは理想の結婚生活を「1人でお風呂に入っていると夫が入ってきて写メを撮られる」ことと紹介。ダレノガレは「撮っちゃおうっていわれて、やめてやめてって感じがいいんです」と説明したが、藤森からは「こういうバカなタレントが、すぐ写真流出して大問題になる」と指摘。共演したモデルの紗蘭(18)が「結婚して子どもも一緒なら『パパが来た~』って楽しくないですか?」とフォローしたが、ギャル曽根から「じゃあ、パパが子どもをお風呂入れてほしい。やりたいこといっぱいあるから」と現実的なツッコミが入っていた。

「つい先日、週刊誌に“友人男性”とのデートをスクープされたダレノガレですが、実際にこれまでちゃんと付き合った男性はほとんどいなかったようです。恋多き女のイメージがありますが、この番組で言っていたような妙な理想を持っていたせいで、長らく縁遠かったみたいですね」(芸能誌記者)——例の“友人男性”も、乳搾りに連れて行ったのだろうか? 気になるところである。

藤森慎吾「バカタレント」ダレノガレの理想の恋愛を一刀両断

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.