日刊大衆TOP 芸能女性向け

はいだしょうこ「宝塚学校を首席で卒業!?」“天然キャラ”らしからぬタカラジェンヌ時代

[ブリュレ]

はいだしょうこ「宝塚学校を首席で卒業!?」“天然キャラ”らしからぬタカラジェンヌ時代

 NHK Eテレの子ども番組『おかあさんといっしょ』でうたのおねえさんを務め、今もバラエティや舞台で活躍するはいだしょうこ。愛らしいルックスと圧倒的な歌唱力、そして飛びぬけた天然キャラで一躍人気者となった。そんな彼女は、宝塚歌劇団で娘役として活躍していた元タカラジェンヌだ。

 はいだしょうこは、84期として1998年に宝塚歌劇団に入団。宝塚5つ目の組、宙組の誕生とともにタカラジェンヌとしてデビューした。当時の芸名は「千琴(ちこと)ひめか」。同期には、元雪組トップスターの音月桂、星組トップスターの北翔海莉ら、そうそうたる面々が揃っている。

 はいだは、歌唱力に秀でていたとされる84期の中において、宝塚音楽学校卒業時に「オペラ部門首席」ならびに「ポピュラー部門最優秀歌唱賞」を受賞したほどの実力の持ち主。母が声楽家、父が音楽家という音楽一家に育ったからこそ、天賦の才能もあったのだろう。その歌唱力は高く評価され、星組に配属されて以降、歌姫として活躍した。

 特筆すべきは、2001年の『ベルサイユのばら2001』。この公演で、はいだしょうこ(千琴ひめか)は入団3年目にして“エトワール”に抜擢される。舞台のフィナーレを飾る「パレード」で、一番手として歌手を務めるエトワールは、娘役の花形ポジションだ。通常は6年目以上の娘役が担当するなかでの、異例の抜擢だった。ヒロイン経験はないものの、その後も主要場面の“影ソロ”(ステージに姿は見せずに、ソロパートを歌うこと)として、歌の面から宝塚歌劇の舞台を盛り上げた。

 しかし、惜しまれつつ2002年に退団。その胸には、「子どもと一緒に歌う、うたのおねえさんになりたい」という新たな夢が芽生えていた。宝塚を卒業後、難関と言われる『おかあさんといっしょ』うたのおねえさんのオーディションに見事合格。第二の人生を歩み始めた。いまなお、天然のキャラクターで多くの人に愛されるはいだしょうこ。どのような環境でも輝く笑顔と歌声は、宝塚時代に培われたものだったのだ。

はいだしょうこ「宝塚学校を首席で卒業!?」“天然キャラ”らしからぬタカラジェンヌ時代

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.