日刊大衆TOP コラム

佐賀で「やーらしか」はイヤラシくない? 思わずドキドキする“お国言葉”

[週刊大衆2016年06月27日号]

佐賀で「やーらしか」はイヤラシくない? 思わずドキドキする“お国言葉”

 同じ日本語でも、地域によってまったく意味が違うことがあります。他県の人が聞いたらドキッとするような方言をいくつか紹介しましょう。山形で女性から「はめて」と言われても、喜び勇んでズボンを脱いだりしてはいけません。山形弁で「はめて」は「仲間にして」の意味。

 また佐賀では、かわいい女の子のことを「あの娘はやーらしか」と表現したりします。他に「ちちくりまわす」(大分)は「ボコボコにする」、「おまんこっちこうし」(山梨)は「君、こっちへ来て」、「たってきた」(和歌山)は「飽きてきた」となります。「今夜は俺が抱いてやる」「エ~ッ、抱いてくれるんですか、ウレシー」。富山では、こんな会話が堂々と人前で交わされているそうです。さて、富山弁で「抱いてやる」とは、どんな意味?

答えはココを押す! 答え:おごってやる。

出題:浜川卓也

佐賀で「やーらしか」はイヤラシくない? 思わずドキドキする“お国言葉”

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.