日刊大衆TOP 芸能

真矢ミキ、上地雄輔への“神対応”に「自業自得じゃ?」と疑問の声

真矢ミキ、上地雄輔への“神対応”に「自業自得じゃ?」と疑問の声

 6月14日、タレントの上地雄輔(37)がバラエティ番組『PON!』(日本テレビ)に出演し、かつて自宅の水道代を女優の真矢ミキ(52)に払ってもらっていたことを明かした。

 芸能レポーターとテレビ業界人が選ぶ『性格がいい芸能人』の1位に選ばれたこともあるという上地が、ネットなどで噂になっている“神対応”の真偽について答えていたこの日の番組。その中で「上地の家の水道代を真矢ミキが支払っていた」という質問に対して、上地は「ホント」と即答した。

 上地いわく、ドラマで共演した際に真矢と会話をしていたところ、上地の住んでいるマンションの同じ部屋に、以前真矢が住んでいたということが発覚した。しかも詳しく話を進めるうちに、真矢が引っ越したすぐあとに、上地が引っ越してきたことが判明。これだけでも驚きだが、真矢に「あんた水道代払ってなかったでしょ! 払ってたの私だよ」と言われたのだという。真矢が引っ越したあとに水道の解約手続きをしていなかったために、上地が使用した半年分の水道代を前住居者である真矢が支払うことになったという。

 司会のビビる大木(41)が「何で水道代請求が来ないかって思わなかったの?」と問うも、上地は「そういうマンションなのか。サービスがすごいな」と、のほほんと返していた。

 一見、真矢の“神対応”にも思えるエピソードだが、世間からは疑問の声もあがっているようだ。世間から「真矢グッジョブ」「すごい奇跡的な話だよな」といった声があがる一方、「真矢さんが手続き忘れてたんでしょ? 自業自得じゃん」「上地責めるのおかしくね?」「ちゃんと解約手続きしてたら払うことないよね」と、批判的なコメントもSNSでは目立っていた。

「この話は昨年4月にもバラエティ番組『この差って何ですか?』(TBS系)で上地が披露しており、そこからジワジワとファンに知られるようになりました。2人はプライベートでも仲が良く、この日の『PON!』でも、食事をごちそうするなどして徐々に水道代を返していると上地は言っていたようです。上地さんは少し天然なところもありますが、しっかりしてそうな真矢さんも抜けていたという、意外な一面を知ることが出来る貴重なエピソードですね」(芸能ライター)

 やっぱり天然な上地と、意外にもちょっぴり天然な真矢の食事風景。なんとも微笑ましいものがある。

真矢ミキ、上地雄輔への“神対応”に「自業自得じゃ?」と疑問の声

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.