日刊大衆TOP 社会

小池、蓮舫に古館!?「新都知事候補」の行方

[週刊大衆2016年07月04日号]

小池、蓮舫に古館!?「新都知事候補」の行方

 あまりに酷い「公私混同」で味方の自公もついに三行半。東京五輪のホストの座を争う“仁義なき戦い”が勃発する!

「リオ五輪まで解散や辞職について待ってほしい」 東京都の議院運営委員会理事会で“涙の弁明”をした舛添要一東京都知事。しかし、その願いもかなわず、都議会全会派が一致して不信任案を提出する構えを示すや、一転して辞職願を提出。21日付で東京都知事を辞することになった。

「前回の都知事選で舛添氏を推薦した自民党は、9月までの続投容認で、知事と話がついたと聞いていたのですが……」(都庁関係者) それが、なぜ不信任案提出へと変更されたのか。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は、こう語る。「6月10日の金曜日までは、自民党都議団も“様子見”という雰囲気でしたが、土・日(11・12日)に、官邸から圧力がかかったのです」

 舛添問題への批判はエスカレートする一方。この問題が全国に飛び火して、7月10日投開票の参議院選挙に影響しかねないと判断したのだという。そこで自民党も、即辞職に舵を切る。13日の都議会での集中審議で“記憶にない”を連発した舛添氏に対し、自民党の川井重勇・都議会議長が14日に辞職するよう説得するも、舛添氏はこれを拒否。ついに自民党も堪忍袋の緒が切れ、最後通牒として不信任案提出を通告。舛添氏は味方にも見限られる形となった。

 こうして舛添氏の辞職が早まったわけだが、“新しい日本の首都の顔”は誰になるのだろうか。街頭取材をしたところ、「誰がなるにせよ、知名度優先の候補は勘弁してもらいたい」(50代・男性)という声が大多数。「前都知事の猪瀬直樹氏が1年、舛添氏が2年半。通常の任期4年の間に、政治と金の問題で2回も都知事選が行われることに。1回の選挙にかかる費用は50億円。2回で100億円もの“血税”をドブに捨ててしまったのです」(東京都職員)

 血税の私的流用のみならず、巨額な選挙費用を押しつけられた都民としては、堅実に職務をこなすトップの就任を希望するところ。だが、都知事候補で名前が挙がるのは、相変わらず知名度優先の著名人ばかりだ。

次ページ >> 小池、蓮舫に古館!?「新都知事候補」の行方

小池、蓮舫に古館!?「新都知事候補」の行方

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.