日刊大衆TOP 芸能

松本人志、自分の“子煩悩発言”に思わず照れ笑い

松本人志、自分の“子煩悩発言”に思わず照れ笑い

 6月19日放送の『ワイドナB面』(フジテレビ系)に、松本人志(52)が出演した。普段はワイドショーされる側の芸能人が、芸能ニュースや社会問題などについて語るこの番組。この日の番組終盤に「親に抱っこしてもらう宿題に賛否あります。皆さんはどう思いますか?」という視聴者のメールが取り上げられた。

 この宿題について、世間では「素晴らしい、感動した」という賛成意見と、「家庭に踏み込みすぎ、親のいない子供はどうするの?」という否定的な意見が出ているという。この話題に松本は「それって、宿題でやるような事じゃないと思うなぁ。気持ちの高ぶりというか、『抱っこしたい』『してほしい』っていう、二つの気持ちが一緒になった時にするもの」と、持論を展開した。

 この発言に対して、フジテレビの秋元優里(32)アナが「けっこうスキンシップってされます? 松本さんは、娘さんと」と、松本のプライベートに突っ込んだ質問をした。松本は思いがけない質問に口元を緩めながら、「抱っこですか?」と、出来るだけ真面目な表情をするように努力している様子だったが、「わりとしますね」と答えると、思わずテレて吹き出してしまい、口元を手で隠していた。

「2009年に結婚し、長女が生まれてからすっかり“子煩悩キャラ”になりましたね。急に体を鍛え始めたのも、『結婚して守るものができた』という理由のようです。昔からのファンの間では『結婚して丸くなった』という批判の声もありますが、仕方のないことかもしれません」(芸能誌記者)――“天才”と言われ続け、日本のお笑い界に革命を起こしてきた松本人志でも、人の親になれば変わってしまう?

松本人志、自分の“子煩悩発言”に思わず照れ笑い

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.