日刊大衆TOP 芸能

竹山も号泣!「ナイトスクープ」の神回エピソード

竹山も号泣!「ナイトスクープ」の神回エピソード

 先日、ダウンタウンの松本人志(52)が依頼者として登場し、約2年半ぶりに20%超えの視聴率を記録した関西の人気バラエティー番組『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)。視聴者の間で“神回”として話題になったが、過去にさかのぼってみると、これ以外にも神回と呼ばれるものはいくつか存在している。どんな内容だったのか、それぞれ紹介してみよう。

 まず初めは、2013年4月5日に放送された『10年以上口をきいていない父と母』。奈良県の男性(当時18)からの依頼で、ものごころついた頃から両親の会話を聞いたことがなく、母親が話しかけても父親が無視してしまう理由を解明してほしいという内容だった。探偵のカンニング竹山(45)が依頼者の姉や母親から話を聞くと、会話をしていない期間は23年にのぼることが判明。さらに調査を進めると、驚くべき事実が父親の口から明かされた。なんと「子どもが生まれてから、妻が子ども中心の生活をするようになり、自分の相手をしてくれなくなった」ことにスネて口をきかなくなったところ、引っ込みがつかなくなったというのだ。父親がずっと無視し続けてきたことを母親に謝罪した後、お互いが日頃の感謝を述べ合う展開となり、二人の様子を遠目で見ていた依頼者を含む3姉弟、そして竹山が涙する感動的なラストを迎えた。

 神回といえば、2003年11月21日に放送された『おじいちゃんはルー大柴』も忘れてはならない。祖父が他界してから、元気がない中学生の娘にタレントのルー大柴(62)を会わせてほしいという愛知県の女性(当時34)からの依頼だった。祖父と顔がそっくりのルー大柴に会わせることで、「おじいちゃんに会いたい」という娘の願いを叶えてあげたいのだという。依頼者宅にやって来たルー大柴は、普段の騒がしいキャラを封印。娘と一緒に会話や料理を楽しむなど、祖父として接した。そんな姿に、在りし日の祖父の面影を感じ取ったのか、娘がルー大柴に「おじいちゃん」と無意識に呼び掛けたり、「夢を見ているみたい」とつぶやいたりする場面も。この様子をモニターで見ていた依頼者とその母親、さらに探偵の桂小枝(61)が感動のあまり、涙を流すドラマティックな展開となった。

 2007年4月27日に放送された『亡き父にそっくりな飯田選手とキャッチボール』も神回といわれている。依頼者は長崎県の男性(当時18)。7年前に亡くなった父親は、元プロ野球選手の飯田哲也(48)にそっくりで、中学の野球部の監督だったという。父親とのキャッチボールが一番の思い出だが、6歳下の弟にはそれがない。そこで、飯田に弟とキャッチボールをしてもらえないかという依頼だった。探偵の松村邦洋(48)が、飯田が2軍コーチを務める東京ヤクルトスワローズの球団広報に直談判して、願いは叶うことに。飯田と対面し、涙をこらえながら、キャッチボールをする弟の姿に視聴者は胸を打たれた。

 最後に紹介するのが、2012年9月21日に放送された『おっさんと少年の友情』。大阪府の女性(当時48)からの依頼で、夫(当時49)がある男の子に送ったDVDの感想を聞いてほしいというものだった。勤めていた会社が倒産し、その傷を癒すかのように北海道へツーリングに行った夫は、帰りのフェリーでその男の子と出会い、会社が倒産したことや旅に出た男のロマンなどを語ったという。そして、帰宅後に男の子に送ったのが、旅の思い出が詰まったDVDだった。着ぐるみで変装した夫は、探偵のたむらけんじ(43)とともに青森県にいる男の子の自宅を訪問。そこで、男の子から「DVDはすごかった」という感想や、「頭の中にいつでも思い浮かぶから、おっちゃんにもう一回会ってみたい」という話を聞くことに。着ぐるみを脱いだ“おっちゃん”は、男の子と感動の再会を果たすのだった。

 数々の神回を放送してきた『探偵!ナイトスクープ』。これからも視聴者を感動の渦に包み込んでくれるのは、間違いなさそうだ。

竹山も号泣!「ナイトスクープ」の神回エピソード

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.