日刊大衆TOP 芸能

マツコ「お金があってもダメ」関ジャニ村上に、独自の幸福論を語る

マツコ「お金があってもダメ」関ジャニ村上に、独自の幸福論を語る

 6月27日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)でタレントのマツコ・デラックス(43)が幸せについて真剣に語り、関ジャニ∞の村上信五(34)を驚かせる場面が見られた。

 この日、番組では若者と高齢者に「神様が1つ願いを叶えてくれるならなにを頼む?」という街頭インタビューを敢行。その回答についてトークが繰り広げられた。マツコはインタビューの中で若者が「お金がほしい。お金があればキレイになれる」と答えていたことを取り上げ、「これ本当にそうなのかな?」「キレイに生まれたからお金も得られて幸せになれるのか、お金があればキレイになって幸せなのかどっち?」と、疑問を呈した。

 そしてマツコは、自分がお金をたくさん稼がせてもらった結果、その感想として「ぜんぜん幸せになんねえ」とコメントし、最終的に「やっぱキレイな方が得だと思う」と、結論づけていた。これに村上が「美しく生まれた人は、より美しくなりたいとか、人生のハードルがどんどん上がりそうやけどね」とコメントしたのだが、マツコは「じゃあ何が一番幸せになれるの?」と村上に質問。村上が答えあぐねていると、マツコは自分が「神様に叶えてほしい願い」を明かした。

 それは「あたしもそんなに幸せにならなくてもいいから、他の人もみんな、それなりの幸せしかあげないでください」というもの。この願いをマツコは「こんな悲しいお願いはないんだけど」とし、「みんなが平等にそこそこの幸せを感じ『ズルい』っていう嫉妬も生まれず、なんとなく平和でいられる」のが、この願いであると解説した。

 しかし、いつになく真剣なマツコのトークに観客は静まり返ってしまい、村上も「そやな」と神妙な顔つきに。言い出したマツコも「やめよう、やっぱ気持ち悪いわ」と、話を自ら打ち切っていた。

「ずいぶん真剣なトークが繰り広げられたこの日の番組ですが、ここのところのマツコは以前に比べ、テレビ番組で正論を語ることが多くなっていますね。年齢的に丸くなってきたのか、十分稼いで落ち着いたのか、よく分かりませんが、以前のようなやたらに噛みつく過激な言動は、もう期待できないのかもしれません。ちょっと残念ですが」(芸能誌記者)――過激なマツコをもう一度、見たい!

マツコ「お金があってもダメ」関ジャニ村上に、独自の幸福論を語る

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.