日刊大衆TOP 女性向け

なぜ「オクラ」は、夏バテに効果があるのか?

[ブリュレ]

なぜ「オクラ」は、夏バテに効果があるのか?

 オクラは英語でも「Okra」、つまりオクラですが、原産地はオクラホマ州……ではもちろんありません。オクラのルーツはアフリカの北東部だといわれています。日本では夏に旬を迎えるオクラ。居酒屋や定食屋などでオクラに納豆とマグロをのせた「ばくだん丼」というものを見かけますが、夏バテ解消メニューとして好評なようです。

 昔からオクラは夏バテに効くといいますが、いったいなにがいいのでしょう。ここでは、そのネバネバパワーの秘密に迫ってみます。

 まず、ネバネバの成分ですが、ムチン、ペクチン、アラバン、ガラクタンによるものです。ムチンは水溶性食物繊維に分類され、納豆にも含まれる成分です。血糖値の急上昇を防ぐ効果や、余分な脂質を吸着する効果があります。ほかにも粘膜を保護する働きがあり、胃の調子を整えたり、ドライアイにも効果があるそうです。

 ペクチンは整腸作用を持ち、便秘予防に期待ができます。コレステロール、血糖値の上昇を防ぎ、デトックス効果もあります。

 ビタミンやミネラル類もバランスよく含まれており、山芋や納豆など、ほかのネバネバ食材と組み合わせると滋養強壮パワーもアップ! ばくだん丼はネバネバパワーに加え、マグロに含まれるアミノ酸類も入って、まさに夏バテ解消にぴったりのメニューなのです。今年の夏はネバネバパワーで乗り切りましょう!

長谷川正和
86年、神奈川県生まれ。男性のハンドモデルとしてコマーシャルから広告、再現VTR等に出演。物心ついた頃からお腹が弱いため、身体の「中身」のスキンケアも徹底している。

なぜ「オクラ」は、夏バテに効果があるのか?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.