日刊大衆TOP 芸能

ヨルダン戦敗退も本田不要論が噴出

[週刊大衆4月15日号]

3月26日のW杯アジア最終予選で、ヨルダンに1-2で敗れたサッカー日本代表。本大会出場決定のおあずけを食らったのは残念だが、それよりも深刻な事態が浮き彫りに……。
「チーム内で、本田圭佑(26)不要論が囁かれているんです。今回、ケガで欠場した本田の代わりに香川真司(24)がトップ下に入りましたが、若手の選手たちは内心"本田さんより断然いい"と感じていたようです」(スポーツ紙記者)

ビッグマウスで"オレ様"ぶりの目立つ本田。
「昨年9月のイラク戦前に"周りがオレに合わせろ"という発言をしたときは、先輩の遠藤が苦言を呈していましたからね」(前同)

自己中心的な性格でも結果が伴えば、まだいい。だが、プレーの面でも香川とは雲泥の差だ。
「本田びいきなのは日本だけ。欧州のサッカーファンに本田について尋ねたら、"F1のホンダか?"って怪訝な顔をされましたから(笑)。世界では、プレミアの大舞台で活躍する香川を評価する声のほうが、いまや圧倒的。年俸で比べても本田の4億円に対して、香川は12億円の評価ですからね」(専門誌記者)

負けたとはいえ、ヨルダン戦の香川は本田の定位置であるトップ下で大活躍、自らも得点を挙げた。"本田不要論"の急先鋒は香川本人だったりして……!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.