日刊大衆TOP 芸能

うの、優木、理子「嫌われるママタレ」それぞれの理由とは?

うの、優木、理子「嫌われるママタレ」それぞれの理由とは?

 女優の釈由美子(38)が自身のバースデーである6月12日に、第一子となる男児を出産した。ブログではさっそく生まれたての赤ちゃんを公開。新たなるママタレの誕生ともいわれている。

 今年だけでも、杏(30)が双子、SHELLY(32)が第一子、秋山莉奈(30)が第一子、小森純(30)が第二子を出産。年内には市川由衣(30)と安倍なつみ(34)が第一子、安達祐実(34)と大沢あかね(30)は第二子の出産を控えており、ここ数年芸能界ではベビーブームが続いている。

 おめでたい一方で、「ママタレ戦国時代」は激化の兆しがある。ママタレとは、子育てをネタに収入を得るタレントのことだ。テレビ番組などは「席」の数に限りがあり、現在完全に飽和状態だ。おのずとその活躍の場はブログやインスタグラムといったネットに流れるのだが、ここでは主に主婦層がジャッジを下すため、厳しい非難を浴びることも珍しくない。ではなぜ嫌われてしまうのか、ネットで炎上しやすいママタレたちの特徴を見てみよう。

 2007年、俳優の杉浦太陽(35)とオメデタ婚した辻希美(29)は、現在9歳、6歳、3歳の3児のママである。09年のブログ開始直後から、ソーセージばかりの献立や、葬儀にデカいリボンをつけていくなど、独特の「マイルドヤンキーセンス」に批判が殺到した。その他、娘の卒園式に超ミニ丈のスカート、藤本美貴(31)の結婚式に白いワンピースを着て出席するなど、一般常識がちょっと怪しいようだ。とはいえ、ブログのアクセス収入はアンチに支えられている部分もあり、確信犯ではないかとの声もある。

 旧通産省の技官だった父を持つお嬢様で、2007年にパチンコチェーン店と不動産会社を経営する西村拓郎氏(46)とセレブ婚した神田うの(41)は、セレブママとして伊東美咲(39)や山本モナ(40)、NHKの青山祐子アナ(43)などが属する「うの会」のボスに君臨している。11年に出産した女児は現在、渋谷区にある某有名幼稚園に通園している。松茸や和牛ステーキの手作り弁当をアップし、「贅沢すぎる」「痛風になりそう」と批判を受けるも、本人はどこ吹く風だ。

 13年に美容師の男性と結婚し、翌年、第一子女児を出産した優木まおみ(36)。出産当初は「子どものプライバシーのため、ブログに子どもの写真は載せない」とコメントしていたが、半年後にこれを撤回、インスタは子どもの成長記録となった。また1歳の子どもに、切っていない長いままのうどんや大人用のスナック菓子を与えるなど、おおらか過ぎる子育ても反感の火種に。世間の評価は低いようなのだが、今年4月から『すくすく子育て』(NHK Eテレ)の司会に抜擢された。これに関し「育児を語るな」「上から目線」とネットでは散々ないわれようだ。

 元プロ野球選手の東尾修(66)を父に持ち、09年に石田純一(62)と結婚したプロゴルファーの東尾理子(40)。不妊治療の末、12年に第一子男児、今年3月に第二子女児を授かった。今年4月の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)にて「我が子を絶対に叱らない」ことを告白した。すると「怒ると叱るは違う」「子どもの将来が心配」とアンチ数が急増。しかも、実際の育児は同居中のいとこの女性に任せきりとの噂もあり、世間の主婦からは「セレブな豪邸に住んで、たまに子どもの世話するぐらいなら心穏やかでいられるわよね」と非難轟々だ。

 嫌われるママタレに共通するのは「幸せ自慢」や「閲覧数稼ぎの意味のない更新」などだ。また、配膳マナーの間違いや箸の持ち方なども糾弾の材料になるから注意が必要だ。一方で、世間から好かれているママタレも存在する。

 2012年にニューヨーク・ヤンキースの田中将大(27)と結婚し、第一子を今年2月に出産した里田まい(32)。アメリカでのセレブ出産、自宅は1フロア150坪といわれる超高級マンションなど、妬まれる要素は満載なのだが、おごらない自然体なブログの内容により、好感度は高めで安定している。また、結婚直後から、夫の体調を考えた栄養満点の料理や、センスのいい食器選びなどで「良妻」と評判が高い。おバカタレントから賢いママへの転身はお見事としかいいようがない。

 坂下千里子(40)は、2008年にテレビ番組制作会社勤務の男性と結婚し、現在2児のママ。今年4月に出演した『あさイチ』(NHK)でトーストにイチゴという調理時間2分の朝食を披露、「主婦の味方だ」と株を爆上げした。そのほか、昨年12月の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)でも「水切りかごは基本ヌルヌルですよ!」とズボラっぷりを披露。そのサバサバぶりが人気を集めている。

「気取らない」「サバサバ」は好感度を上げるキーワードのようだが、サバサバがいき過ぎて「下品」と嫌われているタレントもおり、難しいところだ。今日人気があっても明日には大暴落するかもしれないママタレの株。姑と接するように、発言には気をつけたい!?

うの、優木、理子「嫌われるママタレ」それぞれの理由とは?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.