日刊大衆TOP 社会

参院選前の超サプライズ!安倍首相「電撃6月訪朝計画」全容 vol.1

[週刊大衆5月6・13日合併号]

2月12日に3回目の核実験を強行して以来、世界中を相手にミサイルを「撃つぞ、撃つぞ」と脅し続けている北朝鮮。
「特に米国に対する挑発は激烈で、4月15日には"米国という侵略の牙城を地球から消す"との声明まで発表しました」(全国紙海外担当記者)

もちろん、米国の同盟国である日本も北のミサイルは射程に捉えており、緊迫した状況が続いていた。しかし、この状況を一変させるある極秘プランが、現在進行しているという。
「安倍晋三首相の訪朝計画です。時期は6月。参院選の直前に決行し、さらなる追い風とするべく水面下で進行しているといいます」(官邸詰め記者)

思い起こせば、安倍首相が名を上げたきっかけは、02年9月の小泉純一郎首相の電撃訪朝だった。
01年4月の発足直後にNHKの調査で85%(以下、支持率はすべて同調査)と圧倒的な支持率を誇った小泉内閣だったが、鈴木宗男議員と衝突した田中真紀子外務大臣を02年2月に更迭。その直後に、内閣の支持率は53%まで低落している。

このタイミングで、小泉首相は北朝鮮を電撃的に訪問する。
9月17日に金正日総書記と初の日朝首脳会談を果たし、拉致被害者5人の奪還という成果を残した。

5月7日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.