日刊大衆TOP 社会

小泉純一郎&進次郎親子、安倍首相が恐れる「参院選への隠密行動」

[週刊大衆2016年07月18日号]

小泉純一郎&進次郎親子、安倍首相が恐れる「参院選への隠密行動」

 全国各地で繰り広げられる熱い選挙戦。バトルの行方を左右する元首相と、若きプリンスの親子に肉迫――。

 Xデーは7・10――参議院選挙の熱戦も、いよいよ終盤に突入した。全国各地で各党の党首が街頭演説を挙行。1票でも多く獲得すべく、候補者は梅雨空に声を張り上げてきたが、勝負は、ほぼ見えたという調査結果が飛び出した。全国紙政治部記者が言う。「安倍首相は余裕ですよ。各紙の世論調査で、“自民党圧勝”と出ていますから。改選となる議席数は50。それ以上の議席獲得は確実とされ、27年ぶりとなる単独過半数獲得は、ほぼ確実といわれているのです」

 強さを見せつけている自民党。政治評論家の浅川博忠氏が言う。「さらに、他の改憲勢力と合わせると、改憲に必要な3分の2議席は、ほぼいきそうですね。その要因の第一は、野党第一党の民進党が“アベノミクス批判”ばかりで、経済政策の対案を示していないことでしょう」 政治は“数”。この勝利を追い風に、悲願の憲法改正へ突き進まんとする安倍政権は、もう止められない!?

「真面目で、右寄りで、坊ちゃんだけど、しっかり仕事を頑張る。ただ、経済政策が分かってない“経済オンチ”。……これが、永田町での彼の評価でしょう」と言うのは、ベテランの政治記者。「選挙戦で、野党が彼を突くとしたら、経済政策の一点。代替案を出すしかない。加えて言うなら、安倍自民党の圧勝を封じるとしたら、あの“親子”しかいないでしょうね」(前同) なんのことはない。その“親子”とは、小泉純一郎元首相と、小泉進次郎氏(農林部会長)のことだ。

「小泉氏が総理大臣を務めた折、官房長官に抜擢されたのが安倍氏です。足を向けて寝られない存在のはず。しかし、安倍氏は、総理大臣になると、小泉政権時代に郵政民営化法案に反対して離党した議員(野田聖子元党総務会長、古屋圭司元拉致問題担当相ら)を続々と復党させた。裏切り行為そのものです」(同)

 以後、2人の間では“冷戦”がスタート。3・11以降のここ5年、原子力発電所を各地で再稼働させんとする安倍首相に対し、純一郎氏が水を差してきたのは、よく知られた話だ。「小泉元首相は、各地で脱原発を唱え、安倍政権に対して辛辣な意見を述べることも多々ありました。国民への影響力はいまだに大きく、安倍首相も目の上のタンコブと思っていてもおかしくありません」(民放局政治部記者)

 実際、昨年3月に首相経験者が集まった宴席で同席して以来、2人は会っていないという。『小泉純一郎独白』(文藝春秋)の著書があるノンフィクションライターの常井健一氏はこう言う。「安倍首相側からの誘いを受けても、小泉さんはすべて断っているようです。原発の是非を巡り、袂を分かった2人は、少なくとも安倍氏が首相を退任するまで会うことはないでしょう」と、絶妙な距離を保つも、小泉元首相の人気、影響力は絶大なるもの。

「かつては多くの国民の支持を背景に、拉致問題解決、郵政民営化、皇室典範に関する有識者会議など、多くの大問題を一気に片づけた人物です。今も人気は衰えず。講演会をやれば、主催者が動員をかけなくても7~800名は即座に集まります」(前出の全国紙政治部記者)

次ページ >> 小泉純一郎&進次郎親子、安倍首相が恐れる「参院選への隠密行動」

小泉純一郎&進次郎親子、安倍首相が恐れる「参院選への隠密行動」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.