日刊大衆TOP 芸能

三遊亭円楽、笑点メンバーのしつこい不倫イジりに「針のむしろ」

三遊亭円楽、笑点メンバーのしつこい不倫イジりに「針のむしろ」

 7月3日放送の『笑点』(日本テレビ系)で、落語家の三遊亭円楽(66)が出演。自身の不倫報道について、笑点メンバーに終始イジられまくる場面が見られた。

 まずは大喜利の冒頭、司会の春風亭昇太(56)がメンバーの自己紹介前に「とりあえず。山田さん! 円楽師匠の(座布団)みんな持ってっちゃって!」と、先制で座布団を全没収。会場は爆笑と拍手喝采が起こり、円楽も「そうくるかよ……」と苦笑しつつのスタートとなった。

 そして三遊亭小遊三(69)が「テレビでいろんな記者会見をみますけれども、記者会見をしたばっかりにかえって評判を落としたりする人もいるんでございますが、えー、その会見があまりにも見事だったんでかえって男を上げたなんてね。本当にあの感動しましたよ、イチロー選手」と挨拶。すかさず三遊亭好楽(69)が「イチローかよ!」とツッコミを入れていた。

 次いで、好楽が「この間山手線乗ってましたら、小学校の男の子が声をかけてくれましてね。『好楽さんですか?』そうですよ。『笑点観てます』ありがとう。『聞いてもいいですか?』なんでも聞いてください。『円楽さんはマンションに住んでるんですか?』いいえ、ホテルですよ。って言いました」と挨拶していた。

 円楽イジリはまだまだ終わらなかった。林家たい平(51)が『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)のマラソン練習で3キロ痩せた話になると、すかさず昇太から「円楽師匠も痩せたんじゃないですか?」とツッコミが。さらにたい平にも「えー! なんで痩せたんですか!?」とトボケられ、円楽は勘弁してと言わんばかりに手を振り顔を伏せる始末。次のボクシングのお題では、「政治家も芸人も叩きゃ埃は出るさ」という自虐ネタで座布団2枚をもらえたが、「これ、座布団っていうよりもよ、針のむしろだよ」と、苦笑していた。

「もともと高い視聴率を誇っていた『笑点』ですが、先日の司会交代劇でさらに伸ばし、6月26日の放送では平均で19.4%(関東地区)と、王者の地位をしっかりと固めています。この円楽の不倫騒動で、また上積みされたでしょうから、もはや盤石。この勢いは、しばらく止まらないでしょうね」(民放局関係者)――これぞ老舗の底力!?

三遊亭円楽、笑点メンバーのしつこい不倫イジりに「針のむしろ」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.