日刊大衆TOP 女性向け

スマホをダメにする「NG充電」とは?

[ブリュレ]

スマホをダメにする「NG充電」とは?

「最近、バッテリーの減りが早くなったような……」と悩んでいる人も多いのでは? iPhoneでもアンドロイド端末でも、充電を繰り返すうちにバッテリーは劣化。1年後には当初の半分程度しか持たないなんてこともあるほど。バッテリー交換にもお金がかかりますから、できるなら長持ちさせたいところです。

 現在、スマホのバッテリーに使われているのは「リチウム電池」が主流です。早く充電ができ、かつ長持ちするところがメリットですが、使い方や充電方法を間違えると寿命が縮まってしまいます。でも、いったいどうやって充電するのが一番いいのでしょうか? ここでは絶対にやってはいけない「NG充電」をまとめてみましょう。

■充電しっぱなしはNG!
 リチウム電池は、充電レベルが100%になっても通電し続けると、バッテリーに負担が増加。電池の劣化を早めてしまいます。近年のモデルでは、充電レベルが80%を超えると、残りは「トリクル充電」という弱電流で充電する仕組みが採用されていることが多く、バッテリーの負荷を抑えられるようにはなっています。それでも、充電が終わればコードから外したほうが無難です。

■充電しながらのスマホ使用はNG!
 リチウム電池は熱によって劣化する特性があります。ですから、充電しながら使うと本体が熱くなり、バッテリーには良くありません。自宅だと充電しながらアプリで遊んだり動画を観たりなんてこともよくありますが、これも注意したいところです。また、スマホケースも熱がこもる原因になりますから、外してから充電するというのも手です。

 この2つが大きな「NG充電」ですが、巷でよく聞く「細切れに充電するとバッテリー持ちが悪くなる」というのは迷信です。一般的に、スマホのバッテリーが本来の力を出せるのは、充電回数が400~500回までといわれています。「細切れにしたら回数がカウントされるからダメでは?」とも思ってしまいますが、実際は充電量が100%になった時点で「1回」とカウントしますから、細切れがバッテリーを劣化させるわけではありません。

 似たような話で「0%まで使い切って充電したほうがいい」という説もありますが、これも間違い。リチウム電池は完全に放電してしまうほうがNGで、残量がゼロになる前に充電したほうが良いのです。

 正しくスマホを充電して、できるだけバッテリーを長持ちさせてあげましょう。

スマホをダメにする「NG充電」とは?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.