日刊大衆TOP コラム

その数●個!? ホタテガイには「目」があった!

[週刊大衆2016年07月18日号]

その数●個!? ホタテガイには「目」があった!

 ホタテガイは日本人に最も人気のある貝の一つ。刺身でも、焼いても、煮ても、どんな料理でもおいしく食べられます。名前の由来は、帆を上げた舟のように殻を広げ、優雅に海中を漂うと思われていたから。しかし本当は、殻をパタパタ勢いよく動かして泳ぐことはありますが、開いたまま移動はしないそうです。

 ホタテガイは、他の二枚貝にはない特徴を持っています。それは目。普通の二枚貝に目はないのに、ホタテにはあります。それも2つではなく、たくさんの目です。目があるのは外套膜、いわゆるヒモの部分。そこをよく見ると、小さな黒点がいくつもあります。これがホタテガイの目。人の目のように色や形をハッキリ認識できるわけではありませんが、ヒトデなどの外敵の接近は感知できるようです。1個のホタテガイが持っている目の数、ざっと、どれくらい?

(1)20個
(2)40個
(3)80個

答えはココを押す! 答え:(3)

出題:浜川卓也

その数●個!? ホタテガイには「目」があった!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.