日刊大衆TOP 社会

渡辺vs江田バトルでみんなの党が分裂!?

[週刊大衆4月29日号]

政治家同士の確執は永田町の常だが、「犬も食わない」とウンザリされているのが、みんなの党の渡辺喜美代表と江田憲司幹事長。この2人、党設立当初から「俺が俺が!」の我の張り合いをやってきたが、最近の泥仕合は、渡辺代表が浅尾慶一郎政調会長に新設の「選挙対策委員長」を兼任させる案を唐突に示したのが発端。これに、選挙対策を仕切っている江田幹事長が猛反発したのだ。
「渡辺代表のやり方が姑息でした。江田氏が地元・神奈川に戻っている間に、急遽、幹部会を開催して人事決定を図った。これに江田系の議員が異議を唱えて白紙に戻したものの、メンツを潰された渡辺代表が巻き返しを図り、江田氏の権限も維持する形で浅尾氏を新ポストにつけたんです。でも、これでは選挙に関する権限が二重化してしまう。今後の火種を残した形になりました」(関係者)

両者の対立の背景には、日本維新の会との選挙協力がある。昨年まで渡辺氏は維新に入れ込んでいたが、維新側が渡辺氏を疎ましくなり遠ざけた。一方、江田氏は参院選の選挙協力と候補者割り振りで、維新の松井幹事長と話を進めてきた。渡辺氏は選挙協力を民主党や小沢一郎氏の生活との連携を模索していて、江田氏と完全に亀裂が入った。

そこで、渡辺氏は子飼いの浅尾氏に選挙の仕切りを任せようと、強引な人事を行なったというわけだ。

同党議員が、こういう。「渡辺氏は自分が作った党だという自負がある。街頭演説でも相変わらずの人気です。昨年暮れに離婚騒動もありましたが、カミさんより党に入れ込んでいる。それに対して江田氏は、政策は俺のほうが上だというプライドがあるし、なんでも独断で決める渡辺氏には、"そんなに権限を持ちたいなら、資産家らしく、もっと資金を出せ"という不満があるんですよ」

憲法改正を掲げる維新は「それより先にやることがある」という渡辺氏を嫌い、「いっそ、渡辺代表抜きのみんなの党ならスッキリする」(維新議員)といい始めている。このままいくと、みんなの党も割れる!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.