日刊大衆TOP 芸能

DAIGOの「“胸キュン”なDAI語」に、マギーも大絶賛!

DAIGOの「“胸キュン”なDAI語」に、マギーも大絶賛!

 7月11日放送の『系)に、DAIGO(38)が出演。俳優の岡田義徳(39)、Kis-My-Ft2のメンバーらと対決した。

 出演者たちは、彼女のマイコ役を演じる水原ゆき(28)を助手席に乗せ、駐車テクニックとトーク術を競い、一般女性100人のアンケートによるランキングが発表された。第5位は藤ヶ谷太輔(29)。第4位は二階堂高嗣(25)で第3位は岡田、第2位は北山宏光(30)だで、第1位はDAIGOだった。

 DAIGOはまず、トークで「カフェを予約している」と切り出し、「あんまり歩かせたくないから」「頑張るわ、俺マジで。ちょっと背伸びして」と、駐車に挑んだ。しかし、「やっぱりねマイコちゃんと、そこのカフェに行くのさ、NGだったから俺的には」と、マイコを困惑させるが、「いや、念願(NG)ね」と、DAI語でマイコを笑わせた。

 さらに車庫入れもバッチリ決め、「マイコちゃんパワーだ!!」と、マイコを喜ばせる。さらに「マイコちゃんKSK」「今日も(K)すごく(S)キレイ(K)」と、DAI語で締めた。

 スタジオで見守っていたマギー(24)も、「良かった! 最初に“俺頑張るから”みたいな、ちょっと背伸びしちゃうよっていうのが、カッコつけてない感じ、ちょっと下げて可愛い感じが、なんか応援したくなりますよね」と、目を輝かせていた。

「女性は基本的に“甘い言葉”を欲していますが、直接的に言われると、恥ずかしがって照れてしまうもの。誰にでも真似できるわけではありませんが、DAIGOさんの『DAI語』は、甘い言葉をギャグに変えられるので、とても効果的だと思いますね」(恋愛ライター)――あの北川景子(29)が落ちたのも、納得?

DAIGOの「“胸キュン”なDAI語」に、マギーも大絶賛!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.