日刊大衆TOP コラム

実は世界で34位!? 日本の「人口密度」はどれくらい?

[週刊大衆2016年07月25日号]

実は世界で34位!? 日本の「人口密度」はどれくらい?

 国連の「世界人口推計」(2008年版)によると、世界で最も人口密度が高いのはマカオ。1平方キロに1万8424人が、ひしめき合っている計算になります。2位はモナコで1万6244人。1万人を超えたのはこの2つだけでした。

 どちらもカジノで有名な観光地ですが、年間数千万人といわれる観光客は計算外。実際の混雑ぶりは数字以上かもしれません。気になる日本の人口密度を見てみると、1平方キロあたり336人で世界34位。意外とゆったりしているように思えます。

 しかし、この数字は過疎地や人のいない山地も含めた全国平均。東京23区に限って計算してみると、1万3000人を超えます。やはり、日本の都市部の混雑ぶりは世界トップクラスのようです。逆に人口密度が低いのは、広大な土地を持つ国です。次のうち、1平方キロあたり2.8人、日本の120分の1の人口密度しかない国は?

(1)オーストラリア
(2)ロシア
(3)アメリカ

答えはココを押す! 答え:① ロシア8.2人、アメリカ32.7人。

出題:浜川卓也

実は世界で34位!? 日本の「人口密度」はどれくらい?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.