日刊大衆TOP コラム

日本最高の41度はまだ甘い?「世界最高気温」がハンパない!!

[週刊大衆2016年07月25日号]

日本最高の41度はまだ甘い?「世界最高気温」がハンパない!!

 7月25日は「最高気温記念日」。昭和8年のこの日、山形市で40.8度の国内最高気温が観測されたことを記念して制定されました。この記録は平成19年に埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で40.9度が観測されたことで更新されましたが、記念日はそのまま残されました。現在の国内最高は41.0度。平成25年に高知県四万十市で観測されています。

 この4地区の共通点は、内陸部の盆地であること。記録的な高温になるのは、こういった場所が多いようです。沖縄のような南の島は海洋性気候のため、気温が34度以上になることはまずありません。世界最高気温が記録されたのも内陸の盆地。その場所はアメリカ・カリフォルニア州のデスバレー(死の谷)です。ここで観測された世界最高気温とは?

(1)56.7度
(2)58.9度
(3)60.1度

答えはココを押す! 答え:(1)

出題:浜川卓也

日本最高の41度はまだ甘い?「世界最高気温」がハンパない!!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.