日刊大衆TOP 芸能

清原の次はSTが危ない! 2016年上半期「芸能ニュース」オフレコ座談会【3】

[ヴィーナス2016年07月03日号]

清原の次はSTが危ない! 2016年上半期「芸能ニュース」オフレコ座談会【3】

芸能記者座談会メンバー
A……スポーツ誌芸能記者
B……女性芸能レポーター
C……写真誌記者

 2016年も中盤を過ぎ、今年上半期の芸能界は波乱万丈。そんな話題豊富な半年を振り返れば、あんなことやこんなことも…。多忙を極めた芸能記者たちが、オフレコの裏ネタ情報を激白する!

A “やましい噂”があっても変わらず活動中で、ファンも離れないことが記者の間で話題になっているのが、某作品への出演疑惑が報道された紅白出場声優ユニットのメンバーN・Eです。

B 声優界は食えない時代、タダ働きの声優仕事の他、夜のお店でバイトする子が多くいる業界なんだそうね。ファンも温かくて、今回の件も、「もしかしたら、あの作品に出ていたのはEちゃんかもしれないけど、“絶対にEちゃんじゃない”と念じれば、Eちゃんじゃなくなるんだ」という摩訶不思議な論理で、許す風潮もあるみたい。

C 疑惑の作品、僕も見ました。しかも同時期に撮っただろう作品が、また発売されてましたし、どうやら、まだまだあるみたいですね。正直、すごい楽しみですよ~!

A 君みたいなユーザーがたくさんいて、相当売れているみたいですね。稼げるんなら、メーカーはどんどん出すでしょうね。

B さて、話題を変えて……動きがあったネタといえば、薬物で逮捕された清原和博の公判が5月17日にあって、5月31日に判決が出ました。盟友の佐々木主浩が証人で出てきて情状酌量を訴えていたわね。

A 清原は裁判で姿を現すまで、ずっと雲隠れ状態で、記者たちはなかなか見つけられなかったんですよ。

C そうなんですよ。最初に入院した千葉の病院を去り、東京の小平市の病院に入ったっていわれたけど、そこでも姿が見つけられなくて公判直前、やっと都内マンションに潜伏しているという情報が入ってきました。彼をサポートしているのは六本木のサパークラブの店長です。執行猶予になって出てきても、また潜っちゃうのかな。

A ちなみに、清原の次に“危ない”と噂されているのがS・T。色の黒さや異様なテンションと言動は、逮捕前の清原を彷彿とさせるものがあります。それに、「メジャーリーグに行く選手は、国内の内偵捜査から逃げるために行く」なんて話もあり、Sは条件が揃っているんですよね。今後に要注目です。

C ちなみに、清原逮捕のとき、髭面でテレビやスポーツ紙の取材に答えまくっていた巨人時代の同僚・野村貴仁元投手の高知県の家は、壁がないような状態だったそうです(笑)。

清原の次はSTが危ない! 2016年上半期「芸能ニュース」オフレコ座談会【3】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.