日刊大衆TOP 芸能

渡辺麻友「総選挙の話はしない」指原との“微妙な関係”を告白

渡辺麻友「総選挙の話はしない」指原との“微妙な関係”を告白

 7月12日放送の『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)にAKB48の渡辺麻友(22)が出演。犬猿の仲と噂されているHKT48の指原莉乃(23)との関係について、フットボールアワーの後藤輝基(42)らに語った。

 番組の序盤、後藤から「実際、(渡辺と指原は)仲ええの?」と聞かれた渡辺は、「はい」と即答。指原も「この二人は本当に仲いいです」と答えた。それでも二人の仲を疑う後藤が「ホンマか?」と、再び聞いたのだが、渡辺は「ホントによく『仲悪いんじゃないの?』って言われるんですけど、皆さんが思っている以上に、普段はめっちゃ仲いいです」と、噂を否定した。

 また、先日、行われたAKB総選挙で指原が1位、渡辺が2位だったことから、後藤が「その話は二人でしたりするの?」と聞いたところ、二人は声をそろえて「その話はしない」と回答。総選挙の結果については、お互いに触れることはないと明かしていた。

 この後、渡辺の幼少期からの様子が紹介され、小学校時代は好きな男の子もいなくてバレンタインにチョコを渡したこともないことが明かされると、後藤が「いまだになんか、好きになるということがなさそう」とコメント。これに渡辺が「今はAKB48に入って、立場上やっぱ控えなければならないから」と答えると、それを聞いた後藤が、スキャンダル経験のある指原に「お前よう聞いとけよ! 逆にお前に言うとんねん!」と、クギを刺していた。

「渡辺と指原ですが、どちらもAKB内では、完全に地位を確立した存在。嫉妬など負の感情も生まれにくいでしょうし、仲がいいというのは本当でしょう。しかしそれより心配なのは、卒業が噂されている渡辺のその後ですね。タレントというより役者方向を目指すのではといわれていますが、彼女の演技力は十分とはいえません。ファンも気になっているところだと思いますよ」(アイドルライター)――卒業は年内にはアナウンスされるのではないかとも噂されている渡辺麻友。今後の動向に注目だ。

渡辺麻友「総選挙の話はしない」指原との“微妙な関係”を告白

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.