日刊大衆TOP 芸能

吉川晃司に陣内孝則も! 意外な「元・仮面ライダー」のベテラン俳優たち

吉川晃司に陣内孝則も! 意外な「元・仮面ライダー」のベテラン俳優たち

 8月6日より公開される映画『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂(アイコン)とゴースト運命の瞬間』で、晴れて仮面ライダーの仲間入りを果たす俳優の沢村一樹(49)。仮面ライダーというと若手俳優の登竜門という感じもするが、沢村の大先輩にあたる陣内孝則(57)も2013年に『劇場版 仮面ライダーウィザード in Magic Land』で仮面ライダーソーサラーを演じ、当時「史上最年長ライダー」として話題になった。

 現在、全国ツアー中の吉川晃司(50)も、2009年に『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE』で、仮面ライダースカルを演じ、しかも自分自身でアクションをこなすというこだわりぶりまで披露した。当時、まだデビュー間もなかった菅田将暉(23)と桐山漣(31)が主演を務めるなか、吉川の艶のある演技はライダーファンの間でも大きな話題にもなった。また、吉川は同作で大黒摩季(46)とともに主題歌も歌い上げており、豪華なコラボで映画を盛り上げた。

 ベテラン俳優たちも活躍する中、ベテランの芸人までがライダーになっていたようだ。シュールな大ボケで場を荒らしていくネプチューンの堀内健(46)も、意外にもライダー映画に出演。2008年に『劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王』で仮面ライダーアークに抜擢された堀内は、テレビでギャグをいっている人物と同一人物には思えない、ミステリアスな敵役を見事に演じきっている。

 若者のパワフルさもいいが、ベテラン俳優が演じる渋みのある仮面ライダーもなかなか味わいがある。沢村も彼らに続くことができるだろうか。アダルトキャラ方面のパワーを発揮しすぎて、史上初のR15指定のライダーになることだけは避けてほしいが、夏が終わる頃にはきっと全国の子どもたちから人気者になっていそうだ。

吉川晃司に陣内孝則も! 意外な「元・仮面ライダー」のベテラン俳優たち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.