日刊大衆TOP 女性向け

SMAPもTOKIOも遭遇!?「ジャニーズ合宿所の心霊現象」

[ブリュレ]

SMAPもTOKIOも遭遇!?「ジャニーズ合宿所の心霊現象」

 ジャニーズタレントがテレビ番組などでさかんに口にする「合宿所」、ファンならずとも聞いたことがあるだろう。1980年代は、近藤真彦や少年隊、解散した男闘呼組といった歴代スターが住んでおり、都内一等地の原宿にあった。彼らが退所したあとは、SMAP中居正広、稲垣吾郎や、TOKIO城島茂などが入所した。実はその頃、合宿所では数々の不可解な心霊現象が起こっていたという。

 ある日、城島と山口達也が就寝していると「ガチャ」と明らかに扉のドアが開く音がした。誰かが中をうかがい、「失礼しました」と言って去っていく気配がしたという。このとき、山口は金縛りにあっていて、気配が消えると金縛りが解けたそうだ。一方その頃、別の中居の部屋では、電球が破裂。キッチンでは電話が鳴り、城島らが受話器を取ると、電話の相手は無言だった。

 さらに城島は別の日に幽体離脱をしたという。当時、城島は1人で部屋に住んでいたそうだ。合宿所の中央は吹き抜けになっており、寝ていると幽体離脱した体が、その吹き抜けを上昇していき、「今、目が覚めたらどうしよう」と心の中で思ったという。目が覚めたら、一気に降下してしまうという危機感を抱いたらしい。

 90年代に入り、関西から上京したKinKi Kidsも入所した。堂本剛も、えたいの知れない物音はよく聞いたという。その後、同じく関西から上京してきた、当時中学生だったV6岡田准一は、頭痛に悩まされたり、ヘンな声を聞いていたそうだ。

 KinKiが入った頃、合宿所には浴室が2つあった。“出る”ことをまだ知らなかった堂本光一が一方の浴室へ適当に入り、戻ってくると、先輩たちから気まずそうに「あっ、そっち入ったの?」と言われた。「そっち。……出るほうだよ」と言われたが、霊感のない光一は、「何も感じなかった」らしい。

 しかし光一は、過去の合宿所で起こった「もっとも恐ろしい実話」を聞いたことがあるそうだ。現場は、やはり浴室での話だという。それは、マッチや少年隊らがいた時代の話。

 ある日、少年隊の植草克秀が風呂に入っていると、マッチと東山紀之と錦織一清が風呂場の外側から、扉をガムテープで頑丈に接着してしまったという。植草は風呂から出られず、マッチとメンバーは外で大爆笑していたとか。

 デビュー時から天然キャラで、同世代から先輩、関係者にまで幅広くイジられていた植草が、当時すでに“出る”とウワサが出回っていた密室に閉じ込められたのだ。光一は、幽霊よりも、そんな先輩たちのイタズラの怖さに戦慄したそうだ。

SMAPもTOKIOも遭遇!?「ジャニーズ合宿所の心霊現象」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.