日刊大衆TOP 芸能

和田アキ子、有吉弘行から現金をカツアゲしていた

和田アキ子、有吉弘行から現金をカツアゲしていた

 7月12日放送の『Good Time Music』(TBS系)に歌手の和田アキ子(66)が出演。交流のあるお笑いタレントの松村邦洋(48)、カンニング竹山(45)、勝俣州和(51)らに、過去のひどい振る舞いを暴露される場面が見られた。

 この日、紹介されたのは、お金に関するエピソード。松村はたびたび和田の自宅に呼び出されるのだが、和田は酔ってくると「お前、いくらあるんや」と、所持金を聞いてくるのだという。ある日、お笑いタレントの有吉弘行(42)と一緒に呼び出された松村が、やはり所持金を聞かれ、3万円だと答えたところ、和田は「アッコ銀行に預けとけ」と言い放ち、松村と有吉の所持金をすべて奪ってしまった。

 そして和田はそのお金を自分の下着の中に突っ込んでしまい、有吉が取り返そうとすると「いや~ん」とふざけ、決して返そうとしないという。竹山はこれに「非公式のカツアゲですよね」とコメント。しかし松村いわく「カツアゲしたあと、次の日には(電話で)『なんで目の前に金があるんや?』」と言われるようで、和田はカツアゲのことをまったく覚えていないのだとか。松村はこのようなことが頻繁にあったため、今では和田の家に行くときは現金を靴下の中に入れていると語っていた。

 その後、竹山もハワイへ夫婦旅行に行ったとき、プライベートだったにもかかわらず、毎晩、飲みにつき合わされたエピソードを紹介。勝俣が「アッコさんが楽しいと、みんなも楽しくなる」と、皮肉気味のコメントをすると、和田は「いや、嬉しい。なんだか嬉しいんだか悲しいんだか、分かんなくなってきちゃった」と笑いながら感想を述べていた。

「歌手の仕事よりタレント活動のほうが目立つ和田ですが、今年の夏は「ARABAKI ROCK FES.16」など、3箇所の夏フェスに出演することが決まり、若い音楽ファンの間で話題になっております。もともと歌の実力は高いわけですから、これをきっかけに若いファンが増えるかもしれませんね」(音楽ライター)――本業は芸能界のご意見番ではなく、あくまで歌手!

和田アキ子、有吉弘行から現金をカツアゲしていた

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.