日刊大衆TOP 芸能

黒木華に伊野尾慧「1990年生まれ」は、タレントの当たり年だった!?

黒木華に伊野尾慧「1990年生まれ」は、タレントの当たり年だった!?

 女優の黒木華(26)が連ドラ初主演を務めた『重版出来!』(TBS系)。マンガ雑誌の新米編集者が奮闘する姿を描いた内容で、彼女の高い演技力が話題になりました。

 黒木は3月に2年連続で「日本アカデミー賞」の最優秀助演女優賞を受賞し、一気にトップ女優の仲間入りを果たしました。そんな彼女は1990年生まれの26歳です。実は彼女の同年代には、今まさに芸能界で注目を浴びている美男美女が多いのです。

 同じく今年6月まで放送されていたドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)に出演した柳楽優弥(26)も90年生まれです。14歳の頃、カンヌ映画祭で日本人初の最優秀主演男優賞を受賞しました。印象的な子役として注目を集めましたが、今回のドラマでは10代の頃とはまた違ったリアルな演技で再び評価が高まっているようです。実は最優秀主演男優賞を受賞したにもかかわらず、一時期は俳優の仕事がなくなり、アルバイトをして過ごしていたことも。そんな不遇の時代を経験を経て、役者という仕事に改めて向き合ったのだそうです。今回の説得力のある演技は、そうした葛藤の末に身につけたものなのかもしれません。

 また、最近活躍しているHey!Say!JUMP伊野尾慧(26)も90年生まれの一人です。彼がいるグループは、今、ジャニーズでも勢いのあるグループの一つ。伊野尾は、今年から『めざましテレビ』(フジテレビ系)で木曜日レギュラーに抜擢され、4月には『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)初の男性MCに就任しました。さらに、2017年に公開予定の映画『ピーチガール』で、初の映画出演にして主演に抜擢されるなど、これからの活躍にも注目されています。

 また今年、ある意味注目を集めたタレントの加藤紗里(26)も90年生まれです。お笑い芸人の狩野英孝(34)との熱愛とその後の騒動で話題になりましたよね。6月には初の写真集も発売、セクシーな写真が多数掲載されている過激な作品だと評判です。撮影はベテランカメラマンの加納典明(74)が担当し、「モデルとしても一流。他にちょっといない女で、被写体としてもかなりのレベル」と絶賛していました。

 実力派俳優から人気アイドル、異色のタレントまでバラエティに富んだ90年生まれの皆さん、まさに、芸能界のゴールデン世代なのかもしれません。

黒木華に伊野尾慧「1990年生まれ」は、タレントの当たり年だった!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.