日刊大衆TOP 芸能

能町みね子「ベッキーも謎かけすれば許される?」不倫報道の落差に疑問

能町みね子「ベッキーも謎かけすれば許される?」不倫報道の落差に疑問

 7月16日放送の『久保みねヒャダこじらせナイト』(フジテレビ系)に漫画家の久保ミツロウ(40)、エッセイストの能町みね子(37)、ミュージシャンのヒャダイン(36)が出演。不倫問題の世間の反応に差があることについて意見を交わす場面があった。

 番組中盤、能町がTwitterで、『なんで円楽さんは謎かけなんか言って「まあしょうがないか~」みたいな感じになってんの?(いや本来私は他人の不倫なんてまあしょうがないか~と思うべき派です)』とツイートしたことが紹介された。

 能町は「円楽さんさぁ~。なんかこう、“謎かけ”振られてたじゃん、不倫の報道のときに。で、“謎かけ”結構うまく答えて」「そんなことやって『円楽さん、さすがだね!』みたいに終わってんじゃん」と、落語家の三遊亭円楽(66)の不倫騒動が、うまい“謎かけ”によって世間に許された雰囲気になっている現状について触れた。

 続けて能町は「だったらベッキー“謎かけ”すればよかったじゃん、と思うんですよ」と、ベッキー(32)について触れると、久保も「ベッキーだけ、なんで、あんな……」と同調。今も世間から許されていない雰囲気のベッキーと、円楽との差に不満がある様子だった。

 さらに能町は「落語家って、そういうところラッキーですよね。うまく逃げられそう」とコメント。久保は「あと、“芸の肥やし”感があるから」「女の人は、そこで“芸の肥やし”と言われない」と持論を述べ、二人そろって世間の反応に戸惑いを見せていた。

「今年前半は“不倫報道”が大当たりでしたが、世間は男性より女性を批判しがちのようですね。まだまだ女性は貞淑であるべき、という考え方が一般的なのでしょう。女性の立場から“なぜ女性ばかり批判されるの?”と感じる人がいる一方で、女性の行動を批判する女性がいるのも現実です。“不倫”に対する反応が男女平等になるまでは時間がかかるでしょうね」(恋愛ライター)――“不倫”は女性のほうが損をする!?

能町みね子「ベッキーも謎かけすれば許される?」不倫報道の落差に疑問

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.