日刊大衆TOP 芸能

SMAP中居「“脱退派”の窮地を救う」敏腕マネージャーぶり

[週刊大衆08月01日号]

SMAP中居「“脱退派”の窮地を救う」敏腕マネージャーぶり

 存族か解散か、SMAPの今後が明らかになる9月まで1か月余り。本誌は“重要証言”を入手した。「9月は、ジャニーズとSMAPメンバーとの1年契約の契約月にあたるんですが、辞めるとなると、6月末までに退社の意向を事務所に伝える必要があるんです。でも、今回は誰からも“退社願い”は出なかった。最低でも来年9月まではSMAPは継続するということです」(芸能プロ関係者)

 どうやら、世間で騒がれていた“9月危機”を乗り越えた様子の彼らだが、メンバー間の関係は依然、最悪の状態だという。「ジャニーズ脱退派の中居正広、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の4人と、1人残留を主張した木村拓哉との関係は、深い亀裂が入ったまま。修復の兆しもないようです」(芸能ライター)

 メンバー5人が揃う『SMAP×SMAP』(フジテレビ系、毎週月曜日22時~)も放送回数が激減。今や月イチ番組のような惨状だ。「意図的に減らしているのは明らかです。収録現場は厳戒態勢で、スタッフは疲弊、内部からも“もう限界”という声が出てきていますね」(放送作家)

 だが、事務所も手をこまねいているわけではない。「先日、中居のTBSのリオ五輪メインキャスター就任が発表されましたが、これはジャニーズ幹部が決めてきた仕事といいます。中居との関係修復を図りたい事務所にとっては、大きな仕事を取ってきたことで、かなり恩が売れたのでは」(前出の芸能プロ関係者)

 だが、これに対し、前出の放送作家は「絶大な力を持つ中居には大した影響はないはずだ」と言う。「彼は各局のプロデューサーと深いつながりを持ち、自宅に呼んで打ち合わせをすることも。現在は、自分の仕事は自分で決め、それをマネージャーに事後報告するそうです」(前同)

 さらに、その力は他の脱退派にも及んでいる。「3月、音楽番組『UTAGE春の祭典!』(TBS系)に草なぎが出演しましたが、彼のキャスティングは中居がしたそうです。プロデューサーと草なぎの出演を決めた彼は、携帯で草なぎ本人に電話をし、スケジュールを確認。出演了解を得てから、事務所に報告したとか。元チーフマネージャーのI女史退社後は、中居が事実上のマネージャーと言えます」(同) 6月末、女性セブンで一般女性との熱愛が報じられた草なぎ。今後は、スキャンダルもスゴ腕マネージャー中居が取り仕切るのか!?

SMAP中居「“脱退派”の窮地を救う」敏腕マネージャーぶり

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.