日刊大衆TOP 芸能

有働アナだけじゃない! 美人女子アナたちの麗しき「ワキ汗ハプニング」

有働アナだけじゃない! 美人女子アナたちの麗しき「ワキ汗ハプニング」

 いつも涼しげな顔で原稿を読んでいるイメージのある女子アナ。しかし、そんなイメージとは裏腹に、ワキの下に大きなシミを作っている姿をバッチリ撮られてしまった女子アナは、案外多い。

 その中でも特に“ワキ汗をかきやすい”といわれているのが、NHKの有働由美子アナ(47)だ。朝の情報番組『あさイチ』(NHK)で水色のブラウスにワキ汗のシミを浮かび上がらせた際には、視聴者からワキ汗を指摘するメールやファックスが大量に届き、なんと番組の最後には自ら苦情のファックスを読み上げ、「おわび」する事態となってしまった。ところがこのとき、「ごめんなさい」と謝る一方で、汗をかくのはいいこと、とコメント。そのあっけらかんとした姿が、逆に彼女の好感度を高めた。

 かつて『モヤモヤさま~ず2』(テレビ東京系)に出演した際、ワキ汗が染み込んでいることをさまぁ~ずの三村マサカズ(49)に指摘されてしまったのが、現在『ワールドビジネスサテライト』(同)のメインキャスターを務める大江麻理子アナ(37)。過酷な真夏のロケゆえに起こった放送事故だったが、このときの恥ずかしそうな表情が男性視聴者には大好評だったようで、この放送回は深夜時代の最高視聴率4.7%を記録したという。

 その大江アナの後を継いで“モヤさま”を担当している狩野恵里アナ(29)も、同番組のロケで大量のワキ汗をかいてしまう姿が映し出された。が、そこは普段から前任の大江アナと頻繁に連絡を取り合っているという彼女。対処法をしっかり聞いていたのか、その姿を見事、ギャグにして返してみせた。狩野アナは9月に“モヤさま”を卒業することを発表したが、後任の女子アナもまた、“ワキ汗”アナなのだろうか?

 今年1月にナインティナインの矢部浩之(44)との間に第2子となる男児を出産した元TBSアナウンサーの青木裕子アナ(33)も、これまでたびたびワキ汗姿を目撃されている。また、司会を務めた映画『ハナミズキ』のPRイベントで大量のワキ汗をかき、俳優の生田斗真(31)に「すごい汗かいてますけど、大丈夫ですか?」と心配されたこともあった。

 今年3月で『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)を卒業した夏目三久アナ(31)も、同番組でワキ汗を披露。グレーのカーディガンの左ワキに広がった大きなシミが話題となったが、もうこの番組ではあんな豪快なワキ汗が見られないかと思うと、ちょっと残念な気がしないでもない。

 ワキ汗について「そんなに恥じるものとは思ったこともなかった」という有働アナは、女性の中ではかなり珍しいタイプ。夏場になると、多くの女性はワキ汗対策に余念がない。しかし男性にとっては、そんな女性のワキ汗はえも言われぬ色気を感じさせるもの。これからも女優や女子アナの方々にはワキ汗画像を提供していただきたいと願わずにいられないのだ。

有働アナだけじゃない! 美人女子アナたちの麗しき「ワキ汗ハプニング」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.