日刊大衆TOP 芸能

Jリーグ「放送権2100億円」に、ファンの期待ふくらむ「未来は明るい!」

Jリーグ「放送権2100億円」に、ファンの期待ふくらむ「未来は明るい!」

 日本サッカー界に朗報が飛び込んだ。7月20日に都内で行われた記者会見で、Jリーグが英動画配信大手のパフォームグループが提供するライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』と放送権契約を締結したことが発表された。

 その金額は2017年より10年間で約2100億円。この放送権料は日本のスポーツ放送権として過去最大となり、国内のファンからも「サッカーの未来が明るい」と期待を寄せる声が上がっている。

「サッカー中継という点で見れば、代表戦に人気がある一方、Jリーグはそもそも地上波での放送がほとんどなく、人気コンテンツとは言えません。しかし、今回の年間210億円という金額は、これまでの放送権料とは比較にならないくらいの大きな額です。これによってクラブへの配分金が手厚くなりますし、高額な年俸が必要となる海外のトップ選手をJリーグに招いたりすることも可能になります。結果的に、代表頼みの日本のサッカー人気にも、大きな影響を与えることになるのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 世界全体で見れば、「世界一お金持ちのサッカーリーグ」といわれるイングランドプレミアリーグの放送権は、2016年から2019年の3年間で、95億ユーロ(約1.1兆円)という額を出しており、まだまだ上には上がある。今回の放送権料に対して国内でも「外資がここまで価値を認めるってすごいなあ」「やっぱり世界的に人気あるスポーツは未来が明るいな!」と、今後のJリーグに期待する声は大きい。これからの日本サッカー界から目が離せない。

Jリーグ「放送権2100億円」に、ファンの期待ふくらむ「未来は明るい!」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.