日刊大衆TOP 社会

年末ジャンボ宝くじ福を呼ぶ「鉄板売り場」厳選60 vol.1

[週刊大衆12月10日号]

今年もまた、恒例の年末ジャンボ宝くじの季節がやって来た。発売期間は11月26日から12月21日まで(抽せんは12月31日)。

今回の目玉は、なんといってもその賞金額だ。
「今年の年末ジャンボは1等が4億円。前後賞を合わせると、なんと6億円にもなります。むろん、6億というのは宝くじ史上最高額です!」

こう語るのは、「山ちゃん」こと、宝くじアナリストの山口旦訓氏だ。

6億円の高額賞金が"絶対に当たる方法"はないというものの、どうせならなんとかして当てたいもの。そこで、山口氏に選んでもらった「鉄板売り場」が vol.3・vol.4の表だ。なかでも、特にお薦めの8つの売り場を紹介しよう。

「ジョイフル本田ニューポートひたちなか店」(茨城県ひたちなか市)は、現在、年末ジャンボで「億」を2連覇中。しかも、今年に入っても復興支援グリーンで1等・前後賞5億円、ドリームでも1等1億円を出すなど絶好調だ。

「さらに一昨年の年末ジャンボでは、1等が2本出てるんです。高速を下りて約10分という地の利から、県外から来店される方も多いですよ」(売り場責任者)

「東金サンピアCC」(千葉県東金市)もいま、フィーバー状態。県内にはもっと大きな売り場があるのに、昨年末では1等・前後賞3億円、今年のドリームでも1等・前後賞1億円と、ヒット連発なのだ。

「また、年末ジャンボでいえば、05年に2等1億円、09年に1等・前後賞3億円が出るなど、とにかく年末に強いんです。今回は6億円を狙えるよう、初めてでかい垂れ幕を作りました!」(売り場責任者)

「浅草橋東口駅前売場」(東京都台東区)は、都内の路上にある売り場では、いま№1のツキがあるといっていい。なにしろ00年以降、年末で8回も「億」が出ているのだ。今年のドリームでも1等1億円が出たばかり。お客全員に土鈴で"運玉祈願"してくれることで知られる、この売り場を営む森社長いわく、「3つの窓口のうち中央が人気で、みなさん、1等狙いなのかも。また景気づけに、年末ジャンボ発売に併せ、売り場の上にギターの絵とともに、『かっこいい! ロクッケンローラー(6億円取ろうなあ)』との張り紙を出しました」

さて、「名駅前CC」(愛知県名古屋市)といえば、東海一の売り場であり、今年サマーでも1等・前後賞5億円を出している。
「年末ジャンボは18年連続で"億"が出ています。一昨年は、なんと1等が3本。これは全国でもウチだけでした」(店長)

昨年末から16メートルの龍の絵を売り場に掲げているが、今年の年末は、その龍のウロコを3Dの立体に見えるようにパワーアップ。6億円を狙う。

12月07日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.