日刊大衆TOP 社会

短期集中新連載 永田町謀略録「政治家の殺し方」 第4回 鈴木宗男(新党大地・真民主代表) vol.4

[週刊大衆12月10日号]

鈴木とは大の仲よしの歌手・松山千春。つき合いははるか昔からだという。
「北海道で同郷の2人は、足寄高校の先輩・後輩関係にある。鈴木が初出馬の際には松山はエールを送っている」(ベテラン芸能記者)

運命共同体ということなのか、「松山は長く自民党・青年部の名誉会長を務めていましたが、鈴木の離党に伴い、この職を辞任。いまも2人は近しく、"新党大地"の命名者は松山。新党大地・真民主のホームページでは、ピンク色の眼鏡をかけた松山の笑顔が見られます」(前同)

さらには、総選挙で"サプライズ"も飛び出すかも。
「鳩山由紀夫の対抗馬として、北海道9区から松山が出馬するとの話がある。可能性は高い」(地方紙記者)

鈴木は「元首相と戦うなんて望むところだと思う」と猛プッシュ。まさかの政界デビューなるか!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.