日刊大衆TOP 芸能

ウイスキー評論家・土屋守「ウイスキーは気持ちを沈静化させるお酒」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

ウイスキー評論家・土屋守「ウイスキーは気持ちを沈静化させるお酒」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

 前回に続いて、ウイスキー評論家の土屋守さんとの対談です。土屋さんがウイスキーと出会ったキッカケなどを教えてもらう中、なんと、世界のウイスキーを飲ませてもらうことに! 酔っちゃったら、どうしよう~。

土屋「まず、飲んでもらいたいのがこちら。ハイランドパークの25年物です。オークニー島というスコットランド北部で作られたお酒で、そこは、かつてはバイキング(海賊)が支配していたといわれています」

ゆま「へえー。25年物ってロマンチックですね」

土屋「遥か遠い国の樽に25年間、寝かせられていたお酒を今、開ける。これだけでもロマンを感じますね。さ、どうぞ」

ゆま「では、いただきます。ん~、甘い! そして、飲みやすいですね」

土屋「そうなんです。ハイランドパークはシングルモルトのオールラウンダーと呼ばれ、ピートの香りもほどよく、飲みやすいんです」

ゆま「おいしいです。これなら私でも飲めちゃう」

土屋「では、これはどうでしょう。ボウモアの12年物。ハイランドパークとは違って、ピートの香りが強いですよ」

ゆま「ウンウン! ボウモアは私も大好きです。うーん、この香り、たまらない」

土屋「とてもスモーキーですよね。正露丸みたいという人もいますが(笑)、この香りがイケるということは、ゆまさんも相当なウイスキー好きですね」

ゆま「ウフフ。確かに、この匂い……臭いといったらなんですが、臭いからこそ余計に嗅ぎたくなる感じ」

土屋「飲んでみてください」

ゆま「コクッ……ふぅ、やっぱりクセになっちゃう」

土屋「素晴らしい。ボウモアがおいしいのなら、これも好きだと思います。ラフロイグといって、“キング・オブ・アイラ”と呼ばれるほど、アイラ島で作られるシングルモルトの中でも、クセがあるんです。好き嫌いも別れるんですが」

ゆま「いただきます。おっ、なんか鼻に入ってくる感じからスゴイです」

土屋「これはアルコール度数も、54度です」

ゆま「強っ。(チビッと一口飲んで)わ、思ったより甘苦い!」

土屋「口の中で味が変化しますよね」

ゆま「ウイスキーって、ずるい!」

土屋「ずるいですか?(笑)」

ゆま「最初は独特の危険な香りを放っておきながら、実際飲んでみたら、ちょっぴり甘くて、さらに口の中で多彩な味が広がるなんて」

土屋「アハハ」

ゆま「女ってそういう男性にも弱いんですよね~(笑)。もしや、土屋さんはこうやって、おいしいシングルモルトを女性にいろいろと教えて、口説いていらっしゃるんですか!?」

土屋「いやいや。これは僕の持論ですが、ウイスキーは気持ちを鎮静化させるお酒。女性と愛を語り合うお酒には適していないと思うんですね」

次ページ >> ウイスキー評論家・土屋守「ウイスキーは気持ちを沈静化させるお酒」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

ウイスキー評論家・土屋守「ウイスキーは気持ちを沈静化させるお酒」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.