日刊大衆TOP 芸能

窪塚洋介「ポケモン奴隷ゾンビーズ」発言が波紋

窪塚洋介「ポケモン奴隷ゾンビーズ」発言が波紋

 俳優の窪塚洋介(37)が自身のツイッターで、スマホ向けゲームアプリ『ポケモンGO』のプレイにふける人たちを「ボケモン奴隷ゾンビーズ」と盛大に批判した。

 窪塚は7月23日、「街に出たらポケッて歩いてる奴が結構いる……もしポケ中に俺に当たるよーなことがあるなら、その場で君のiPhoneを粉砕して、俺が君の首に首輪を付けて俺のポケモン(奴隷)にしちゃうんだからね」とツイート。また「ピカチューに罪は無い。ポケモンファンにも罪は無い。俺はポケモンが嫌いって言ってるんじゃない。笑w あとは自分の頭で考えて」と連投。さらに池袋駅西口で同ゲームをやっている人たちの写真をリツイートし「ボケモン奴隷ゾンビーズ」と命名した。

「窪塚は、レゲエ歌手としての顔も持っており、一部の若い人たちの間で圧倒的な支持を得ている人物でもあります。7月6日にはツイッターで参院選の投票を呼び掛けたりして、若者の政治への興味を誘っていて話題になってました。彼のツイッターはフォロワーが17万人近くいます。突飛な発言も多いですが、彼のツイートがもとで議論されるケースもしばしばありますね」(芸能ライター)

 今回の窪塚の発言は、もともと『ポケモンGO』のプレイヤーたちに疑問を感じていた非ユーザーの気持ちを代弁していたようだ。世間からも「これは正論、周り見えてないやつ多すぎ」「もはや廃人だよな、俺もゾンビに見えるわ」「これに関してはもっとディスってほしい」と多くの賛同が集まった。「ボケモン奴隷ゾンビーズ」という命名は挑発的ではあるが、プレイヤーによる大きな事故が増えないためにも、今回の発言が行動を見直す一つのきっかけになってほしいものだ。

窪塚洋介「ポケモン奴隷ゾンビーズ」発言が波紋

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.