日刊大衆TOP 芸能

山崎育三郎「嫌いだった」“親友”尾上松也の告白に唖然

山崎育三郎「嫌いだった」“親友”尾上松也の告白に唖然

 7月24日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に、元「モーニング娘。」の安倍なつみ(34)の夫で、ミュージカル俳優の山崎育三郎(30)が出演。親友である歌舞伎役者の尾上松也(31)に、過去を暴露される場面が見られた。

 山崎は「ミュージカル王子」として数々のミュージカルに出演し、最近ではドラマ『下町ロケット』に出演して話題になるなど、活動の幅を広げている。番組の冒頭、「ミュージカルっぽい階段の降り方」をリクエストされ、キメッキメのポーズを見せたり、音大の附属高校ではクラスに男子が3人しかいなかったため、非常にモテた話などを披露し、番組を盛り上げていた。

 そして番組後半に、山崎をよく知る人物として、尾上が登場。二人は昨年、ミュージカルでダブルキャストになったことをきっかけに交流するようになったのだが、実はそれ以前に出会っていたという。

 共通の知り合いを介して会った尾上と山崎。しかし尾上の山崎に対する印象は「王子様っぽい感じで接してこられて、第一印象、こいつとは友達になれない!」と感じたという。「会った瞬間からムリだ」と思った尾上は、山崎から連絡先を聞かれ、後日メールを送信。しかし山崎からの返信はなく、それっきりになってしまった。そして数年後、舞台で山崎とのダブルキャストが決まり、「嫌だな」と思っていた尾上だったが、いざ稽古に入ると趣味が共通していたり、考え方の方向性が一緒であることが分かり、一気に仲良くなったのだという。

 一方の山崎は初対面のときから尾上と「仲良くなりたいし、なれると思ってた」ようで、尾上に嫌がられていたことには、まったく気づいていなかったのだという。今回の山崎の告白を聞きながら「え? なに言ってんだお前は?」と思っていたようで、驚きを隠せないでいた。

「ミュージカルファンの間では非常に人気が高く、連続ドラマでの個性的な演技で一般にもブレイクした山崎は、ここのところバラエティ番組によく出演しています。ただ、普通なら話題になりそうな妻の阿倍に関しては、今までひと言も触れていないんですよ。安倍は今年の2月に妊娠を発表したんですが、そのすぐ後に自身のファンクラブを終了しています。山崎が安倍のことを口にしないのは、芸能活動を休止して主婦業に専念したい安倍への配慮なのでしょうね」(芸能誌記者)――俳優としての評価も高い山崎。安倍が芸能活動をしなくても、将来は安泰ということなのだろう。

山崎育三郎「嫌いだった」“親友”尾上松也の告白に唖然

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.