日刊大衆TOP 社会

【感動秘話】天皇陛下「心に染み入る」お言葉を振り返る

[週刊大衆2016年08月08日号]

【感動秘話】天皇陛下「心に染み入る」お言葉を振り返る

 戦後の日本を見守り続け、おかけになった数々の心温まる“お言葉”を振り返り、今回報じられた“ご決断”の意味を考えてみたい――。

 天皇陛下が明治以降初めてとなる「生前退位」の意向を示された――。さる7月13日、NHK『ニュース7』のスクープで始まった一連の報道は、今なお、国民に衝撃を与え続けている。宮内庁の山本信一郎次長は同日中に否定し、菅義偉官房長官も「生前退位の検討はしていない」と明言したが、それでも、生前退位は避けられないだろうというムードが支配的だという。

「というのも、陛下のご意志が固いとみられているからです。陛下は月に1回、皇太子さまや秋篠宮さまに宮内庁長官を加えた会合を開かれていますが、折に触れて生前退位の意向を伝えてこられたといわれています」(宮内庁担当記者)

 陛下が、そのご意向を抱くようになったのは5年前の2011年2月、ご自身が心臓冠動脈の精密検査を受け、翌年、心臓のバイパス手術を受けたのがきっかけだといわれている。「陛下がお調べになっていたのは、大正天皇の病状が深刻化し、皇太子だった昭和天皇が摂政(せっしょう)をお務めになった経緯や背景でした。宮内庁書陵部から資料を取り寄せ、なぜ摂政しか認められていないのか、丹念にお調べになっていました。ご自身の健康面の問題で公務が滞ることを懸念されていたのではないでしょうか」(前同)

 当時から、それを回避する手段を模索されていたのだろう。実は、今回の陛下のご意向を受け、5月頃から、すでに宮内庁幹部が水面下で検討を進めているという報道もあり、この8月には、陛下自身が国民に説明されるともいわれている。しかし、陛下が健康不安という理由だけで生前退位を決意されたわけではない。そこには象徴天皇として、国民に対する熱いメッセージが込められていたのだ。「国民と苦楽を共に。それこそが象徴天皇として果たす責務であると、陛下は即位後ずっと意識としてこられました。そのため、ご自身の体調によらず、公務を一つ一つ丹念にこなしてこられました」(皇室ジャーナリスト)

次ページ >> 【感動秘話】天皇陛下「心に染み入る」お言葉を振り返る

【感動秘話】天皇陛下「心に染み入る」お言葉を振り返る

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.