日刊大衆TOP 女性向け

キンキン冷房で体調が悪くなる前に! お家でできる「冷房病対策」

[ブリュレ]

キンキン冷房で体調が悪くなる前に! お家でできる「冷房病対策」

 キンキンに冷えた室内と30度を超す屋外を行き来すると「冷房病」にかかりやすくなります。だるさや食欲不振、便秘に肌荒れと女子的には避けたい症状ばかりの冷房病ですが、オフィスや通勤電車の温度設定はそうそう変えられませんよね。そこで、やっておきたいのが“家での冷房対策”です。その方法をいくつか紹介しましょう。

 まず大事なのが入浴。夏だとついシャワーで済ませがちですが、日中のエアコンで冷えきった身体こそ、湯船でしっかり温めましょう。オススメの湯温は38度です。熱いとすぐのぼせてしまいますから、ぬるめと感じるぐらいのお湯に10~15分ほどつかるのが適当です。このとき、内臓機能の経穴が集中している足裏や、心臓への血流がアップするふくらはぎをよく揉んでおくこと。入浴により副交感神経が優位になり、寝つきも良くなるかもしれません。

 寝る前にはストレッチをしましょう。整体では、夏は胸の緊張を緩め、熱を発散させることが大事だと考えられています。そこでなんといってもオススメなのはラジオ体操です。小学生の夏休みといえばラジオ体操ですが、胸を開く動作が多いうえ、全身のストレッチにもなり、実は夏に最適の体操なのです。真剣に行うだけでも結構な運動になりますよ。ぜひお試しあれ!

 就寝時のエアコン温度が悩みの種ですが、ちょっと暑いかな? と感じるぐらいの28~29度が良いとされています。タイマーで何時間後に切れるようにしておく人がよくいますが、結局寝苦しくて目が覚めてしまうので、体には良くありません。電気代的にもつけっぱなしのほうがお得といわれています。扇風機を併用しながら弱冷房でつけっぱなしが一番効率の良い方法です。そのときも、エアコンや扇風機の風が直接身体に当たらないよう設定しましょう。

 冷房病の夏バテゲッソリ顔じゃ合コンでもモテない!? 自宅ではなるべく身体を冷やさず、昼間の冷房地獄に備えましょう。

キンキン冷房で体調が悪くなる前に! お家でできる「冷房病対策」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.