日刊大衆TOP 芸能

ローラにパフューム、海外MVで活躍する日本人タレントたち

ローラにパフューム、海外MVで活躍する日本人タレントたち

 マイケル・ジャクソンの『スリラー』までさかのぼるまでもなく、凝ったものが多い印象のある海外のミュージックビデオ。最近では日本での展開を意識してなのか、海外アーティストのMVに日本人タレントが起用されることも増えてきている。

 世界で1700万枚を売り上げた『コール・ミー・メイビー』などのヒット曲で知られる、カナダのシンガーソングライター、カーリー・レイ・ジェプセン(30)は、2015年に『アイ・リアリー・ライク・ユー』のMVでタレントのローラ(26)と共演している。これは2012年にローラが制作した『コール・ミー・メイビー』のパロディMVを見た、ジェプソン当人の希望によって実現したもの。おそろいの花飾りをした二人が仲良く踊る、ポップでキュートな映像が話題になった。

 巨大なピタゴラ装置を動かし続けるなど、毎回やたら凝ったMVを制作することで知られるアメリカ・シカゴのインディーロックバンド、「オーケー・ゴー」は、YouTube公式チャンネルで公開された4枚目のアルバム『ハングリー・ゴースト』の『アイ・ウォント・レット・ユー・ダウン』のMVで日本のテクノポップユニットであるパフュームを起用。スタッフとして登場するパフュームの3人の出演シーンは同MVのオープニングだけだが、その凝った映像とパフューム出演の話題性とが相まって、公開3日で再生回数が700万回を超える騒ぎとなった。

 そしてアメリカのシンガーソングライター、音楽プロデューサーとして活躍するロビン・シック(39)は、全米1位を記録した『ブラード・ラインズ~今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ♪』の日本向け公式パロディ映像で、当時AKB48の大島優子(27)と“こじはる”こと小嶋陽菜(28)と共演。二人がMVに登場するダンサーの真似をしてはしゃいでいると、ロビン・シック本人が乱入してくるという内容のこの作品では、二人の妙に色っぽいダンスも大きな注目を集めた。

 意外に多い海外MVに登場する日本人タレント。今後は逆に日本人ミュージシャンのMVに海外の有名タレントが出演する、なんてのも見たいものだ。

ローラにパフューム、海外MVで活躍する日本人タレントたち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.